スティホーム

オンラインでライザップイングリッシュ!料金と内容【ライザップにコミットしても大丈夫?】

こんにちは、BabyJです😊。

「結果にコミットする」で知らない人はいないほど有名なライザップ。そのライザップの英会話コース、ライザップイングリッシュにも、オンラインレッスンがあるのをご存知ですか?

今の自粛生活にぴったり。
でも、ライザップイングリッシュなんて、ものすごく料金が高いイメージだよね。
実は、本当はとてもお得なんだよ。今日はその理由をしっかり説明するね

今日は、ライザップイングリッシュオンラインレッスンが気になるけれど、料金が高すぎない?本当に効果があるの?と思っている方の疑問にお答えします。

この記事はこんな方におすすめです。

・ライザップイングリッシュオンラインの詳しい内容が知りたい。
・ライザップイングリッシュに高い料金を支払う価値があるのか知りたい。


ライザップイングリッシュの料金は高過ぎるのか?

ライザップイングリッシュの料金は高過ぎるのか?

結論から言うと、見かけほど高過ぎる訳ではない、というのがお答えです。

ライザップイングリッシュは、専属トレーナーとのレッスン(=セッション)だけで成り立っている訳ではないのです。

ライザップイングリッシュのカリキュラムには以下のプログラム全てが含まれています。

ライザップ 英会話カリキュラム
  1. 日本人の弱点がわかる日本人専属トレーナーによる英語脳を鍛えるセッション(週2回)
  2. 毎回の課題 (シュクダイ=宿題)遂行と目標達成のためのマンツーマン指導。
  3. ネィティブ講師を相手にアウトプット強化トレーニング(オンライン) 30分 x 5日/毎週
  4. 学習の進捗を分析・評価する英語テストVersantの実施
Versantとは? 世界中の企業や政府機関で利用されている英語能力テストです。レスポンスタイム、流暢さ、発音等、10項目の指標で英語力を分析できるので、強化が必要なポイントを特定することができます。
*「英会話コース」が対象

コース料金には、専属トレーナーとのセッション回数のみが記載されているので、「たった○回でこの料金?」と、とても高いように感じてしまいますが、実際はこれだけの内容が含まれているので、決して高過ぎる訳ではないのです。

ポイント

しかも、ライザップイングリッシュでは、日本人の英語学習上の弱点がよくわかる日本人ト専属レーナーからの的確なマンツーマン指導を受けつつ、ネィティブ講師とスピーキングの実践を行う、といういいとこ取りができます。

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

ライザップイングリッシュオンラインとは?

ライザップイングリッシュオンラインとは?

「オンラインコース」という別のコースがあるのではなく、オンラインも通学もカリキュラムは全く同じ。つまり、同じカリキュラムの受講方法を全てオンラインにするか、通学にするかを選ぶ、その違いだけ。だから料金も同じです。

上でご説明したとおり、もともと、ライザップイングリッシュのカリキュラムには、オンラインで、ネィティブ講師を相手にアウトプットの練習を行う「実践スピーキング」トレーニングが含まれています

「通学」か「オンライン」のいずれかの受講方法を選択するようになっており、「オンライン」を選ぶと、実践スピーキングトレーニングだけでなく、日本人専属トレーナーとの「セッション」もオンラインで行うことになる、という訳です。

但し、オンラインレッスンを選べるのは、英会話のベーシックコースと英会話コースのみです。TOEICスコアアップコースは対象外です。

ライザップイングリッシュ こんな方におすすめ

ライザップイングリッシュは、ズバリこんな方におすすめです。

  1. 既に英語を使って仕事をしている。もっと英語のスキルアップをしたい。
  2. 将来海外勤務への異動や外資系企業への転職を目指している。
  3. 短期集中で結果を出す必要がある。
  4. 自分一人では挫折するので、強制的に学習する仕組みが必要だと思っている。

ライザップイングリッシュの英語のレベルは、初級から上級まであります。だから、最初から英語がある程度できなければならない訳ではありません。

ただ、ある程度まとまった料金を支払ってでも、絶対に○○までに使える英語を身につけたい!身につけなければならない!という具体的目標や強い動機がある方に、必ず答えることのできるコースなのです。

ライザップイングリッシュの特徴 専属トレーナーのマンツーマン指導

使える英語をマスターするには、週に数回レッスンを受けるだけでは到底足りません。毎日の学習が必要です。

けれども、働きながら、生活しながら、これを成し遂げるには強い意志力が必要。

ライザップイングリッシュでは、受講生が毎日学習を継続し結果を出せるよう、専属トレーナーがマンツーマンで進捗を管理し指導します。

ただ決められた内容をレッスン(ライザップでは”セッション”と呼んでいます)で学習するだけではないのです。一人ひとりの英語学習上の課題は何かを特定し、課題達成のための”シュクダイ=宿題”が出され、それを毎日こなしていかなければなりません。

週に1,2回通えば良い英会話学校とはここが違います。専属トレーナーと二人三脚で徹底的・強制的に学習を続けるのです。

*画像をクリックすると拡大して見れます

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

使える英語をマスターするための英語脳とは?

ライザップイングリッシュは、受講生が英語を使えるようになる、という結果にコミットしています。

が、そもそも「英語が使える」とはどういうことでしょうか。

「英語が使える」とは、相手が話す英語を聴きとり、瞬間的に意味と内容を理解して、すぐに応答できること、です。そして、それには、英語脳が必要なのです

英語脳って何??
英語脳を図で説明するよ。

*画像をクリックすると拡大して見れます

英語脳とは、聴こえてくる音声を聴きとり(インプット)意味と内容をすぐに理解し言いたいことを瞬時にアウトプットする。それらのプロセスを日本語を介さずに高速で処理できる脳です。

そして、ライザップイングリッシュでは、英語脳をつくるために、音声を聴いてから発話するまでの処理の高速化アウトプットに主軸を置いたトレーニングを徹底的に行います。

トレーニングの2つの主軸
  1. 聴きとり→発話のプロセス高速化練習
  2. アウトプット強化トレーニング(発話)

特にアウトプットは、使える英語を身につけるための要です。

アメリカのNational Training Laboratoriesが発表した研究により、知識の定着率は、一方的授業(5%) 読書(10) 視聴覚教材(20%) 実演を見る(30%) 話し合い(50%) 実践(75%) 人に教える(90%)の順であることがわかっています。

*画像をクリックすると拡大して見れます

英語を自分のものにして使えるレベルにするには、受け身の学習だけではなく、アウトプットが大事なのです。

ライザップイングリッシュでは、ネィティブ講師を相手に、与えられたトピックについて説明するアウトプット強化トレーニングを行っています。

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

ライザップイングリッシュ 英語脳をつくる トレーニング方法

英語脳をつくるためのトレーニングは、具体的には以下3つのプログラムで構成されています。この3つのプログラムを専属トレーナーと二人三脚で進めていきます。

*画像をクリックすると拡大して見れます

以下に詳しく説明します。

6 STEPS

英語の音声特有のリズムや音を正しく聴きとり、意味を理解し、正しく発音できるようにするためのトレーニングです。ただ聴き取れるだけじゃなく、使えるレベルになるまで6ステップで、段階的かつ徹底的に練習します。

STEP 1. ディクテーション

流れてくる音声を聴いてディクテーション。聴き取れなかった箇所をチェックして、聴き取れない音を洗い出します。例えば、音同士が繋がって別の音になる(=リエゾン)ところなど。

STEP 2. スラッシュリーディング

STEP1の英文のスクリプトを文の頭から訳していきます。英文の構造と意味を理解する練習です。*これは通訳のトレーニングでも利用されています。

STEP 3. オーバーラッピング

英文を見ながら音声を聴いて、同じように発話します。リエゾン、短縮、リズム、イントネーション、アクセントなども全く同じように真似て言う練習です。生の英語の正しい発音を習得します。

STEP 4. 意味音読

スクリプトの英文を、意味を理解しながら音読します。コツは内容をイメージしながら音読すること。目的は、音と意味を日本語を介さずにマッチングすることにあります。

STEP 5. シャドーイング

音声を聴きながら、聴こえてくる音声をそのまま真似て発話します。耳で音声を聴き、同時に聴いた音を口から出す練習です。生の英語の発話スピードに慣れ、自分でも全く同じようにアウトプットできるようにするトレーニングです。*これも通訳トレーニングで利用されています。

STEP 6. リビーティング

今度は、同時ではなく、音声を聴いた後に全く同じように発話します。文の塊ごとに、頭の中に音と意味を保持して、それをすぐにアウトプットする練習です。英文の構造を理解して、正しい発音を習得するだけでなく、使えるようにすることが目的です。

クイックレスポンス

英語の定型表現やフレーズを覚える練習の後、脳内で瞬時に英文を作成し、反射的に発話する練習です。ただ知っているだけでなく、実際のコミュニケーションで使えるようにするためのトレーニングです。

高速変換

定型表現の構造や意味を理解してから、表現を用いて、文章をアウトプットします。

パターンプラクティス

定型表現の一部だけを代えて、表現が使えるレベルになるまで練習します。リエゾン、短縮、リズム、イントネーション、アクセントにも注意を払い、正しい発音を習得します。

疑問・否定変換

会話の中で多用される疑問文や否定文に高速で変換する練習です。表現の幅を増やし発話の自由度を高めるのが目的です。

実践スピーキング

相手の言っていることを聴きとり、理解し、高速で応答する(発話する)トレーニングを積んだ成果を実践で試す場です。オンラインで行い、ネィティブ講師が担当します。

STEP 1. 準備

与らえたトピックについて、自分の考えを英語でまとめます。英語で考える力を試す場です。

STEP 2. 実践

講師との簡単なやりとりの後、まとめた内容を2,3分で発表します。自分の意見を英語でアウトプットする力を試す場です。

STEP 3. 復習

講師からフィードバックを受け、問題点や改善策を見つけ、次回はさらに流暢に話せるようタスクを設定します。

ポイント

英語でトピックについて発表しネィティブ講師からフィードバックを受ける、というタスクそのものが、コミュニケーションの実践の場となっているのです。

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

ライザップイングリッシュ学習スケジュール

英語脳を作り、使える英語を身に付けるには、毎日の学習が必要です。学習時間を捻出するために、隙間時間を効率的に活用して、徹底的にトレーニングに取り組むことが求められます。

例えば毎日の学習スケジュールはこんな感じになります。

*画像をクリックすると拡大して見れます

日本人専属トレーナーとのレッスン(セッション)は緑色の部分。黄色の部分がネィティブ講師とのアウトプット演習。その他の時間は、トレーナーの指導の元に、与えられた課題(シュクダイ=宿題)をこなしていきます。

朝活、通勤の行き帰り、ランチタイムなどの隙間時間をフル活用して、1日最低3時間、週に25時間、1ヶ月で100時間の学習を集中的に行います。

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

ライザップイングリッシュのコースと費用

では、ライザップイングリッシュのコースと費用をご紹介します。

ライザップイングリッシュには、初級者対象のベーシックコースと、英会話コース、そしてTOEICに特化したスコアアップコースがあります。

また、この他、上記の基本コースを修了し、ブラッシュアップのためにさらに継続を希望する人向けに、継続コース、ライフサポートコースが用意されています。

以下に記載の回数は、専属トレーナーとのレッスン(セッション)の数です (図の緑色部分)。

*画像をクリックすると拡大して見れます

基本コース

ベーシックコース
TOEICスコア目安: 500点未満
コース名 料金(税抜) 料金(税込) 有効期間
ベーシックスピーキング (8回) 328,000 360,800 2ヶ月

英会話コース
コース名 料金(税抜) 料金(税込) 有効期間
英会話コース (16回) 398,000 437,800 2ヶ月
英会話コース (24回) 528,000 580,800 3ヶ月
英会話コース (32回) 658,000 723,800 4ヶ月
TOEIC L&R TESTスコアアップコース
TOEICスコア目安: 500点以上
*TOEICコースはオンライン受講の対象外です。
コース名 料金(税抜) 料金(税込) 有効期間
スコアアップ (16回) 328,000 368,800 2ヶ月
スコアアップ (24回) 450,000 495,000 3ヶ月
スコアアップ (32回) 572,800 630,080 4ヶ月

料金の支払い方法等について

料金の支払い方法

料金の支払いは、一括振込、デビットカード、または、口座引き落としによる分割払いがあります。

教材

全てのコースで、コース料金の他に、別途教材費がかかります。

30日間返金保証

成果に満足できない場合は、受講開始から30日以内であれば、全額返金を受けることができます。但し、返金を受けた後は、今後、ライザップのサービスを利用することができません。

ライザップの事業は、同じ理念で運営されているので、サービスに満足いただけない場合は、ご縁がなかったという考えのようです。

その他受講に際して

振替セッションについて

レッスンを欠席する場合、受講予定日前日の21:00までに連絡すれば、有効期間内に振替レッスンを受けることができます。

オンラインサービスの利用について

オンラインセッションは、Zoomを利用して行われます。5分以上の通信障害が生じた場合は、レッスンを振り替えることができます。

ライザップイングリッシュ公式サイトはこちら

英語力診断から受講までのプロセス

受講までのプロセスは以下のとおりです。

  1. オンラインで英語力診断申し込み (カウンセリングもあり)
  2. 電話連絡があり英語診断の日程調整
  3. メールで必要事項の記入
  4. 英語力診断&カウンセリング
  5. 無料体験レッスン1回 または レッスン5回体験 49,800円【期間限定】

「英語力診断&カウンセリング」も「体験レッスン」も、Zoomを使ってオンラインで受けることができます。

現在、期間限定でレッスン5回体験 49,800円を実施中です。体験後入会すると、さらにレッスンが2回分以上(入会コースによる)プレゼントされます

但し、5回体験レッスンは、コースではなく、あくまでも体験レッスンの位置付けです。

本格的なレッスンは、英会話コースなどに入会後となるため、それならば、体験に49,800円を費やすよりも、無料体験レッスン1回受けたら、本コースを受講した方が良いのではないかと私は思います。

また、カウンセリングの際に、希望を言えば、希望に添ったトレーナーを手配してくれます。私は、「ネィティブのようになりたいからネィティブのトレーナーにしてください。」とお願いし、俳優のような超イケメンの英語も日本語もネィティブのハーフのトレーナーが担当になりました。

無料英語診断・カウンセリング体験記
無料体験レッスンレビュー

無料英語診断 申し込みはこちら

オンラインでライザップイングリッシュ コミットして大丈夫?

オンラインでライザップイングリッシュにコミットして大丈夫?の答えはYES。料金も決して高過ぎることなどないのです。

英語を使えるようになるには、音を聴き、瞬時に意味を理解して、応答する英語脳が必要。英語脳を短期間で徹底的に鍛えるために、これだけのカリキュラムが用意されているのです。

  1. 日本人の弱点がわかる日本人専属トレーナーによる英語脳を鍛えるセッション(週2回)
  2. 毎回の課題 (シュクダイ=宿題)と目標達成のためのマンツーマン指導。
  3. ネィティブを相手にアウトプット強化トレーニング(オンライン) 30分 x 5日/毎週
  4. 学習の進捗を分析・評価する英語テストVersantの実施

そしてこれらを全てオンラインレッスンで受けることができます。

そして、何よりも、これら強化トレーニングを受けることによって、短期間で、正しい英語学習の方法が身につきます。だから、受講が修了したら終わりなのではなく、後は、自分で積み重ね、さらにスキルアップしていけるのです。

これは、一生ものの知識でありスキルです。

だから、むしろ高いどころかお得なくらいなのです。

まずは、英語診断テストを受けて、英語脳を鍛えるトレーニングを体験してみてください。

6STEPを実際にやってみることで、短い間にも英語学習のための英語ではない、「使える英語」が身につくことが実感できます。

ではでは😊👍🏻。

無料英語診断 申し込みはこちら


ABOUT ME
BabyJ
はじめましてアラフィフシングルマザーのBabyJです。英語生活30年。子供は黒人ハーフ。生の英語で学ぶ英語学習、英語で拡がる働き方、生き方、人間関係、そして壁にぶつかっても、折れずに前に進む生き方について書いています。良かったら、TwitterやFacebookページもフォローしてくださいね😊。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください