BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

英語学習のコツ|何でも楽しんだ方が勝ち【TED Talkから】(2019年12月5日更新)

f:id:bjlewis4u:20190219215028j:plain

こんにちは、BabyJです😌。

TED Talkをご存知ですか?

TED Talkは様々な分野の英語のスピーチを無料で視聴できるオンラインサービスです。

多種多様な国籍、人種、バックグラウンドのスピーカーによる、科学、心理学、アート、ビジネス、健康、テクノロジー、教育など、様々な分野の興味あるスピーチを視聴することができます。

今日は、このTED Talkで共感したスピーチを元に、英語学習のコツについてお話ししたいと思います。

TED Talk「外国語学習の秘訣」

私が最近視聴したのは"The Secrets of Learning a New Language (外国語学習の秘訣)"というスピーチ。

スピーカーのお名前はLydia Machova。英語圏出身の方ではないようですが、英語のみならず、2年ごとに新しい外国語を次から次へとマスターし、現在は8ヶ国語目の外国語に挑戦中だといいます。

このスピーチは、彼女が自分と同じようなMultilingual (多言語話者) が集まる祭典に参加した際、参加者にインタビューをして調査した結果を元に、外国語マスターの秘訣について紹介したものです。

英語学習のコツ|何より大切なのは楽しむこと

調査からわかった外国語習得の第1の秘訣は、とにかく学びそのものを「楽しむ」こと、です。

学習を、やらなければならない義務や苦行ではなく、「楽しみ」に変えることがポイントです。

では、英語学習を楽しむためにはどうするか?

例えば、楽しく美しい手作り単語カードを自作する。好きなこと、興味があることを英語で学ぶ、例えば、料理の作り方など。好きな映画を字幕なしで観る。興味ある「ハリーポッター」を原語で読む、など外国語学習を楽しみに変える方法はたくさんあるのです。

私の場合は、ニュースやブラックカルチャーが好きなので、英字新聞と日本語の新聞を電車の行き帰りにアンダーラインを引きながら読んだり、大好きなCNNを毎日のように視聴したり、黒人作家 Terry McMillan (映画『ため息つかせて (Waiting to Exhale)」原作の作者)のペーパーバックなどをいろいろ読んだりなどしていました。 

英語学習のコツ|とにかく生の英語に接する、とにかく使う

そして、同じく大事なことは、生の外国語に接すること、です。

これについては、私もこのブログに何度か書いており、心から共感します。

上に書いた新聞やCNNなどのニュース番組、映画、ペーパーバック、TED、YouTubeなど、周りには、簡単に、しかも無料でも利用できる生の英語が溢れているのです。

もちろん、本物のネィティブと直接接し、交流することが一番。これも、わざわざどこかに行かなくても、FacebookやSkypeでやろうと思えばいくらでも可能です。

そして、とにかく英語を使って本物のコミュニケーションをすることです。「学習のために」作られたテキスト英語ではつまらないのです。

話せるようになるには、コミュニケーションができるようになるには、話すこと、実際に交流すること以外に道はないのです。

英語学習の基本手順

そうは言っても、効率的にしかも着実に英語を身につけるためには基本的な手順があります。

第一に、学習するための時間をシステム化すること。生活するだけで、自然に自動的に学べる仕組みを作ることが大事です。

例えば、毎日、歯を磨きならYouTubeを観ることに決める。電車の中では、絶対にiPadでニュースを読むことにする。何かをするときに学習を抱き合わせにするのです。

そして、もう1つの重要な手順は、反復学習をすること、です

一度学んだことはそのままでは忘れてしまうので、必ず、一定期間後に再度、復習する。これも上に同じく、日常生活習慣のついでに行えば自動化できるのです。

楽しんだ方が勝ちなのは英語学習だけじゃない

一番大切な「とにかく楽しむこと」、そして「とにかくやること」は、英語学習のみならず、全てのことに使える便利な法則。

また、学びたいこと、マスターしたいことなど、前向きでポジティブな事柄だけでなく、嫌なこと、克服せねばならないネガティブなことにも使えるのです。

例えば、この人は嫌だな、苦手だな、と思う人と関わらなければならない、一緒に仕事をせねばならない、というような時も、「ああ、嫌だなぁ」と思いながら接するのではストレスが溜まるばかりです。

それなら、嫌な人と接することをゲームかドラマだと思って楽しんでしまう。相手がどんな言動をするか、自分はそれに対してどんな気の利いた対応ができるかを楽しむのです。

そうすれば、ネガティブな思いをちょっと面白いポジティブな経験に変えられるのです。

例えば、私は、会社で、偏屈なアメリカ人が理屈や文句ばかり言って仕事をせずイライラすることがあります。

けれども、彼との言い争いも、分からず屋を説得する英語のディベートのための楽しい練習台と思うことにしています。

どんなことも楽しんでしまうのが勝ち、そう思うのです。

皆さんも試してみてください。心が軽くなって、英語学習のみならず、いろんなことがうまくいくかも。

ではでは😌👍🏻。(2019年12月5日更新)