考え方・生き方

恋愛・婚活ブログで鬱状態

f:id:bjlewis4u:20180828210015j:plain

こんにちは、BabyJです😌。

このところ、一番の関心事が「恋愛」であったため、空き時間があると、恋愛や婚活関係のブログばかりを読んでいました。

けれども、何故か読めば読むほど、気分が落ち込み、鬱のような状態になるのでした。本物の鬱ではないけれど、なんだか元気になれない憂鬱な気分に。

何故、恋愛・婚活ブログを読み続けたせいでそんな気分になるのでしょうか。

自分自身、ブログを書いている者として、原因を知る必要があると思い考えてみました。

恋愛・婚活ブログは、自分と同じ状況・共感を呼ぶ内容

f:id:bjlewis4u:20190713155346j:plain

最初、私は、いくつかの恋愛・婚活ブログを楽しく読んでいました。一番の関心事だったし、それら全てが多分実話だったのでとても面白かったからです。私のブログも実話ですが。

婚活アプリなどで、いろいろな人と出会い、付き合っては、LINEが来ないとか、誘われないとか、もう駄目と思っていたら連絡が来るとか、まさに自分も体験したような内容。

私も、そして、多分、多くの女性が体験したことのある内容が書かれているから、共感できてとても面白いのです。

だから、気に入ったブログは最初から最後まで全部読みました。

けれども、恋愛・婚活ブログを読み続けるうちになんだか鬱っぽい気分になってきたことに気づきました。

最初は興味深く、楽しく読んでいたはずなのに何故なのでしょう?

以前、落ち込んでいる時に私を救ったもの

f:id:bjlewis4u:20190713155522j:plain

答えを探す過程で、考えてみたのです。

逆に、今まで、落ち込んでいる時、嫌なことがあった時、私がそんな気分から脱するきっかけになったものは何だっただろうか?

それは新聞だったのです。

ああ、嫌だな、落ち込むな、という気分の時も、電車の中で、新聞を読んでいたました。単にそれが自分が決めた日課、習慣だったからです。

それでも、政治や社会、世界のことなどについて、新聞の記事を読んでいるうちに、落ち込んでいた気分がどこかに行ってしまいました。

ニュースで報道されている大きな社会、世界と比較して、自分が悩んでいること、陥っている気分なんかちっぽけなものだからです。

失恋した時に役立った意外なもの

f:id:bjlewis4u:20190713155701j:plain

また、遠い過去のこと。

失恋して最悪の落ち込み状態だった時に、私は心理学やセルフヘルプの本をたくさん読んでは、立ち直ろうと努力していました。

ポジティブに前を向いて生きなければならないと思ったからです。

けれども、いくらそんな本を読んでも、暗い憂鬱な気持ちに沈んでいる私の心には響かないし、全く元気に生きる気持ちなど持てませんでした。

ところが、何故か、あの頃、黒人が大好きだった私がたまたま読んだ、山田詠美 (黒人が好きで黒人と結婚した作家) の「ひざまづいて足をお舐め」という、SMの世界の小説のおかげで、突然、さっさと立ち直ってしまったのです。

SMなんて興味はないし、私には関係はありません。自分とは全く違う別世界の話だったのです。まさに驚く非日常のような話。

この世には、こんな信じられないことをする人もいるんだ、と驚き、自分が落ち込んでいることがちっぽけに思えたのです。

恋愛・婚活ブログで鬱状態になる理由

f:id:bjlewis4u:20190713155940j:plain

一方で、恋愛・婚活ブログでは、普通の同じような日常が、淡々と繰り返されるのです。

LINEのことや電話のこと、デートのこと。相手の気持ちがわからなくて不安になったり、イライラしたり。そういう、自分にも誰にでもあるような、当たり前の日常が延々と続くのです。

共感できるから面白い。ああ、私もそう、と思える。でも、それだけで何も変わらないのです。

なんというか、繰り返される日常の中で、飛躍や広がりが何もないのです。

人の気持ちはわからないし、自分の努力ではどうにもならない。だから、ただ起こった事実や成り行きの日常なのです。

主人公は、自分の人生の行く先をコントロールできないのです。

恋愛・婚活ブログで鬱状態|コントロールできないことが鬱状態をつくる

f:id:bjlewis4u:20190713160119j:plain

昔、習った「無気力」についての心理学の実験を思い出してしまいました。

犬を2つのグループに分けて、それぞれをケージAとケージBに入れます。両方のケージに、犬にとって不快な電流を定期的に流すのです。

ケージAでは、あるレバーを踏めば電流を止めることができます。次第に犬はそのことに気づいて、電流を止められるようになります。

一方、ケージBでは何をしても、電流は止められないようになっています。ケージBの犬は、次第に、自分では何もコントロールできない、何をしても無駄だということを学び、何もしなくなってしまうのです。

電流が流れても、ただ横たわってなすがまま、何もしなくなるのです。犬は、「無気力」という状態に陥ってしまったのです。実は、これは、無気力がいかにつくり出されるかのメカニズムを解明するための実験でした。*ところが、実は、ケージBには、それでもへこたれない犬がいたのです😳。これはまた生まれ持った楽観性というまた別の話。

私が、恋愛ブログを読んで陥ったのも、恋愛は結局、そういうものだ、と認識したからなのかもしれません。

恋愛・婚活の世界だけに生きるのはやめよう

f:id:bjlewis4u:20190713160134j:plain

恋愛・婚活ブログばかり読んでいたのは、毎日、恋愛・婚活・復縁のことばかり考えていたからです。

その世界だけにはまり込むことはやめた方がいい。自分でコントロールできないものに一喜一憂し、振り回され、鬱状態になるだけです。

彼のことが頭から離れなくても、本当は恋愛が人生の最重要課題だったとしても、それでも、この世界は恋愛だけではないのです。

自分のために、もっと広い世界に目を向けよう。

人生には、自分が努力すれば切り拓けるもの、自分の意思でコントロールできるものもあるのだから。

恋愛、婚活、復縁は、関心事の1つくらいに格下げした方がうまく行くのかもしれません。

ではでは 😌👍🏻。

【自分のまわりの世界への視点が変わる本】

USED【送料無料】ひざまずいて足をお舐め (新潮文庫) [Paperback Bunko] 詠美, 山田
created by Rinker

ABOUT ME
BabyJ
はじめまして。英語の仕事生活30年のシングルマザーBabyJです。子供は黒人ハーフ。英語で拡がる働き方、生き方、人間関係、グローバルマインドについて書いています。良かったら、Twitter @babyjuok もフォローしてくださいね😊。