BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語と異文化と好きなことが詰まった毎日

幸せのパンが運ぶ幸せ【生き方 16】

f:id:bjlewis4u:20190226220514j:image

こんにちは、BabyJです😊。

最近、突然、俳優の大泉洋が好きになりました。

電車の中で目にするCM広告などで、なんとなく気になってはいたのですが、実は名前も何をしている人かもわからないまま。ずっと前から活躍されていて、数々の映画やドラマに出演している人気俳優だったなんて、全く知らなかったのです😅。

そして、数々の出演作品の中から、なんとなく惹かれた観た映画『幸せのパン』。

ほんわかと暖かいメルヘンのような映画、お話も映像も音楽も全てが素敵で、とっても幸せな気分になりました。

今頃?と思われるもしれませんが、この素敵な映画についてご紹介したいと思います。

映画『幸せのパン』とは?

映画『幸せのパン』の製作は2012年、つまり6年前。北海道の月浦の洞爺湖のほとりで、「カフェマーニ」を経営する夫婦のお話です。

f:id:bjlewis4u:20190226220632j:image

水縞君(大泉洋)が焼く手作りパンとりえ(原田知世)が入れる美味しいコーヒー、そして野菜がたっぷりの美味しいお料理。

窓から、湖が見渡せる自然の中の明るいウッドハウス。遠くから来たお客様が宿泊できるよう、2階には、ハーブが飾られた居心地の良い部屋が用意されている。


f:id:bjlewis4u:20190226221256j:image

f:id:bjlewis4u:20190226221252j:image

このカフェには、近所の常連さんが、家族のようにさりげなくカフェに顔を出す。

そしてまた、恋人に誕生日の旅行をすっぽかされた若い女性や、訳ありの親子や晩年の夫婦など、色々な問題や想いを抱えたお客様が訪れる。

そして、ここでの時間や水縞君夫妻のさりげない暖かさに癒されていく。

静かだけど、暖かくて心が癒される。そして、本当の幸せは何かがわかるそんな映画なのです。

f:id:bjlewis4u:20190226221728j:image

カフェーマーニーの由来

カフェの名前の由来は、主人公のりえが、小さい頃読んでいた絵本『月とマーニ』。

少年マーニと、マーニが自転車のカゴに乗せている月とのお話。

こんなお話。

f:id:bjlewis4u:20190226220815j:image

少年マーニは 自転車のかごに月を乗せて
いつも東の空から西の空へと走っていきます

太陽を乗せた少女ソルがやってくると
マーニは少しおやすみします

f:id:bjlewis4u:20190226203745j:plain
ある日 マーニが歌いながら自転車を走らせていると
やせ細った月が言うのです。
「ねえマーニ、太陽をとって。
一緒にお空にいると とってもまぶしくって。」

「だめだよ、太陽をとったらこまっちゃうよ。」
「誰が?」
「僕だよ。」
「どうして?」

マーニはきっぱり言いました。
「だって太陽をとったら君がいなくなっちゃうから」

そしてこう続けました。
「そしたら夜に道を歩く人が迷っちゃうじゃないか。」

「大切なのは
君が、照らされていて
君が、照らしている
ということなんだよ。」

f:id:bjlewis4u:20190226203840j:plain
そしてそれからずっと
いまでも月とマーニは自転車に乗って 毎日夜空を渡っています。

ずっと、絵本の中の少年マーニに憧れ続けていたりえが、大人になって水縞君と出会い、夫婦で北海道に移り住み、始めたカフェの名前が「マーニ」となったのです。

*この絵本は実際に存在します。

素敵な夫婦

何よりも素敵なのは、水縞君とりえ夫婦の間に流れる静かでさりげないけれども暖かい空気というか風のようなもの。


f:id:bjlewis4u:20190226221824j:image

f:id:bjlewis4u:20190226221828j:image

雪の中を一緒に歩きながら、「何をお祈りしたの?(さっき、願かけをした神社で)」と尋ねるりえに、水縞君は「それは秘密だよ。」と答える。

映画の最後にわかる、水縞君の願いは、りえの「マーニ」になることだったことが。

料理のための野菜を、2人で洗うというなんでもない1コマにも、2人でいることの暖かさが伝わってくる。

f:id:bjlewis4u:20190226220917j:image

日常の1つ1つを大切に生活すること

そして、この映画に何よりも一番感銘を受けたのは、水縞君夫妻が、日常生活の1つ1つに大切に丁寧にしていること。

パンのタネを丁寧に心を込めてこねる。1つ1つのパンを心を込めて焼く。

ご飯をお釜で炊いて、炊き上がったご飯を大切なもののように丁寧にかき混ぜて蒸らす。

野菜スープに入れるハーブを丁寧に紐で結んで、スープの上に綺麗に添える。


f:id:bjlewis4u:20190226221412j:image

f:id:bjlewis4u:20190226221417j:image

普通なら機械的にこなしてしまうかもしれないような作業工程の1つ1つも、心を込めて丁寧に行う。

それができる心の豊かさと余裕、緩やかな時間の流れがある。

日常生活の1つ1つのことを丁寧にすることは、自分の、自分達の人生を大切に丁寧に生きることに繋がると思う。だから、とても素敵なこと。

メルヘンのような素敵な空間

そして、物語の場は、北海道という広大な地でのメルヘンのような空間。

洞爺湖の湖畔の素敵なウッドハウスでの日常と月のある風景がところどころで映し出される。

f:id:bjlewis4u:20190226221550j:image

そして、ナレーターとして、映画の冒頭から最後まで、水縞君のやりえの心の情景を語るのは、夫婦に飼われている可愛い子羊なのです。

エンディングテーマソングにびっくり

ほのぼのとした映画の終盤、なんとなく幸せな気分になっているところへ流れるエンディングテーマは、矢野顕子の『ひとつだけ』。

この映画のほんわかした雰囲気にぴったりの曲。

その上、驚いたことに、清志郎 (忌野清志郎)とのデュエットだった。

矢野顕子と清志郎??と意外に思ったけれど、とても味があって、本当にこの映画にぴったりのエンディングテーマだったのでした。

作詞・作曲・歌: 矢野顕子・忌野清志郎

欲しいものは たくさんあるの
きらめく星くずの指輪
寄せる波で 組み立てた椅子
世界中の花 集めつくる オーデコロン

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
欲しいものは ただひとつだけ
あなたの心の 白い扉 ひらく鍵

離れている時でも わたしのこと
忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい
悲しい気分の時も わたしのこと
すぐに 呼びだしてほしいの ねぇ おねがい

楽しいことは ほかにもある
満月の下のパーティー
テニスコートを 駆けまわる
選びぬいたもの 集めつくる 中華料理

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
一番楽しいことは あなたの口から
あなたの夢 きくこと oh…

離れている時でも わたしのこと
忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい
悲しい気分の時も わたしのこと
すぐに 呼びだしてほしいの ねぇ おねがい

離れている時でも わたしのこと
忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい
悲しい気分の時も わたしのこと
すぐに 呼びだしてほしいの ねぇ おねがい

離れている時でも わたしのこと
忘れないでいてほしいの ねぇ おねがい
La la la… la la la…

ねぇ おねがい ねぇ おねがい

映画エンディングそのまま ひとつだけ 矢野顕子×忌野清志郎 - YouTube

以下は矢野顕子と清志郎のライブ

絶対に幸せな気分になる映画

f:id:bjlewis4u:20190226222024j:image

本当に、とても素敵な幸せな気分になれる映画、そして幸せは何かを教えてくれる映画です。

同じ路線で北海道を舞台にした大泉洋の映画、『ぶどうのなみだ』や最近まで映画館で上映していた最新映画、『空のレストラン』も是非観てみたいと思っています。

ではでは😊👍🏻。