恋愛・婚活

恋愛心理テクニック|メンタリストDaigoの恋愛の絶対法則から4つの基本

f:id:bjlewis4u:20190908174717j:plain

こんにちは、BabyJです😊。

新しく出会った相手に何となく惹かれる。もしかしたら恋の始まり?

相手も同じように感じている様子。だからこそ惹かれるのだともいえます。でも、本当のところ、どう思っているのでしょう。

もっと相手を知りたい、もっと親しくなりたいという願望は膨らむばかりですよね。

今日は、メンタリストDaigoの「メンタリズム 恋愛の絶対法則 」を元にした相手の気持ちを知り、うまく恋愛を発展させるための恋愛心理テクニックをご紹介します。

恋愛心理テクニック1|何より自分と相手を知ることが大事

f:id:bjlewis4u:20190908173910j:plain

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という諺は、恋愛にも当てはまります。

勝つためには、自分のことも相手のこともよく把握することが大事ということです。

そもそも、まだ知り合ったばかりで相手のことがよくわかっていないのです。何故、惹かれるのでしょうか。果たして、本当に自分と合う人なのでしょうか?

心は舞い上がっていても、アプローチする前に、冷静に考えてみる必要があります。

20答法で本当の自分を知る

自分と相手を知る簡単な方法をご紹介します。

まず、自分はどんな人間かを、「私は〜だ」という文を使って、思いつくまま20個リストアップするのです。

制限時間は5分です。

例えば、「私は正直だ」「私はおとなしい」など。

最初はスラスラ出てきても、途中から、なかなか簡単には思い浮かばなくなってきますが、それでも、必ず20個リストアップしてください。

書いたら結果を見てみましょう。

リストの1〜10番目までは、自分が「自分はこうだ」と思い、対外的にもそう見せている自分です。

11〜15番目は、普段は意識していないけれど、深層心理の手前で薄々気づいている自分。

そして、16〜20番目は、無意識の欲求や願望など、自分の本質を表しています。

自分についての気づきを得るのに、特に大事なのは、この11〜20番目になります。

20答法で相手を知る

*以下の方法はDaigoの本の内容をアレンジして変えています。

同じことを今気になっている相手についてもリストアップします。

「彼/彼女は〜だ」という文を20個リストアップします。

まだ相手をよくわかっていないので、今時点の自分が認識する相手です。そしてまた、それが、自分が相手に惹かれる理由でもあります。

リストアップしたら、自分はどういう人間であるか、と照らし合わせて、不一致がないか見てみます。

例えば、自分が「寂しがりや」なのに、彼が「孤独を愛する」人だったら、どんなに惹かれていても合わないし、うまく行きそうにないですよね。

けれども、後で親しくなるについて、それは認識違いだったと判明することもあるかもしれません。嬉しい認識違いであることも、嬉しくない認識違いであることも、両方ありそうです。

いずれにしても、自分を知り、相手を知っていれば、これからの展開に柔軟に対応することができます。

恋愛心理テクニック2|自分を印象づける方法

f:id:bjlewis4u:20190908172919j:plain

最初は、何となくいいなぁと気になる程度の段階です。それはさらに発展する可能性もあるし、次第に薄れてしまう可能性もあります。

なので、自分を印象づける必要があるのです。それには、こんな方法があります。

接触回数を増やすーザイアンスの法則

人は、接触回数が多いほど、相手に親近感を感じます (ザイアンスの法則)。

この心理学の法則を利用して、相手と関わる回数を意図的に増やすのです。

相手に挨拶する、言葉をかける回数を増やすなど。

普段会えないのであれば、Facebookでいいねをするとか、コメントするとか、相手と頻繁に関わるようにするのです。

関わりが多いほど、親近感を抱くようになります。

もちろん、やりすぎは逆効果ですが。

幸せな気分と自分を一緒にマーキングする

人は誰でも、嫌な気分でいるより、幸せな気分でいたいものです。

だから、相手と会話をするときは、幸せでポジティブな話題を口にするようにします。

これによって、相手は、知らないうちに、あなたと幸せな気分を一緒にイメージするようになります。つまり自分のイメージに「幸せな気分」をマーキングする、ということです。

例えば、「昨日は良いことがあってとてもラッキーだった」とか「この間は〜してくれてありがとう。とても嬉しかった」など、幸せでポジティブなことだけを口にするよう心がけるのです。

ネガティブなことは、本当に親しくなるまでは言わないことです。

自分の香りをマーキング

これは男性も女性もありだと思います。

好きな香りを持っている人は、香りで自分を印象づけることも効果的です。そばに寄ると、いつも微かにかおる香り。

香りによるマーキング、イメージづくりです。「あなた」を思い出させる「いい気分」を増やすのです。

好き嫌いがあるので、あまり強烈な香りは避けた方が良いですが。

恋愛心理テクニック3|相手とラポールを築く方法

f:id:bjlewis4u:20190908173820j:plain

親しくなるには、相手との間にラポールを築くことが大事です。

「ラポール」とは、心理学で、心の通い合った状態のことです。

気になる相手とラポールを築くためには、相手と「一致させる」手法を利用した心理テクニックがあります。

アイコンタクト

一番効果的なのは、相手と目と目を合わせるアイコンタクト。

相手の目を7秒くらいじっと見る。目を合わせることで思いが伝わります。

また、会話中、本当に伝えたいことを話している箇所で目を合わせることで、大事なことを感じ取ってもらうこともできます。

ミラーリング

ミラーはご存知の通り「鏡」のこと。「ミラーリング」は、心理学の用語で、相手の行動や仕草などを、鏡のように真似ることです。

ミラーリングによって、気が合っている、と感じさせることができます。

例えば、相手が肘をついたら、自分もちょっと遅れて肘をつく。コーヒーのカップを取って一口飲んだら、自分も飲む、など。

あからさまに真似たら、おかしな人と思われてしまうので、自然にさりげなくやることが大事です。

ボディータッチ

ボディータッチをする、何気なくちょっとだけ身体の部分にタッチすることで、お互いの距離が縮まります。

例えば、肩を軽くパンと叩く、指で手をちょっと触る、など。

こちらも、あくまでも、軽く自然にやることが大事です。

バックトラッキング

「バックトラッキング」とは、相手の言ったことを、別の言葉で言い換えて繰り返すことです。心理カウンセリングでも使われている手法です。

例えば、相手が、「昨日は遅くまで残業だったからとても疲れている」と言ったら、「昨日は遅くまで残業だったんだ。大変だったね。だから疲れているんだね。」というように、自分の言葉で繰り返すのです。

相手は、きちんと受け止めてもらえている、理解されている、という安心感と親近感を抱き、心を許す気持ちになります。

メールやLINEで表現をマッチ

メールやLINEのやり取りでは、相手の表現の仕方に合わせることで、気が合っている、と思わせることができます。

相手が砕けた友達言葉なら、友達言葉。敬語なら敬語。絵文字多用なら、絵文字を多用する、という風に、表現方法を同じにするのです。

恋愛心理テクニック4|相手の気持ちを知る方法

f:id:bjlewis4u:20190909201141j:plain

最初は、お互いに惹かれ合っているように感じたけれど、実際のところ、相手は自分をどう思っているのでしょう。

実は、心理学の考えを利用して、相手の行動やしぐさから、気持ちや心理状態を知ることができるのです。

瞳孔が開いているとき

瞳孔は、黒目の中央の一番黒い部分です。

感情が高ぶっているときは、瞳孔が開く、つまり黒い部分が大きくなります。怒っているとき、喜んでいるときなど強い感情の時に瞳孔が開くのです。

なので、会話している時に、瞳孔が開いていたら、相手はあなたに興味や関心がある、ということです。

逆にそうでなければ、それほど興味がないということになります。

口元を見る 口が開いているとき

人は、緊張しているとき、口をキュッとしめた表情になりますが、何かに夢中になっているときは、口が自然に開いてしまうものです。

一緒にいるとき、相手の口が開いているようなら、あなたと一緒に過ごすことに夢中になっているということ、つまり、興味と関心が大ありだということです。

逆に口元をキュッと結んでいるようなら、望みはあまりなさそうです。

手のひらを見せているとき

会話中、相手の手はテーブルの上でしょうか、それともテーブルの下に隠れているでしょうか。

手の位置で相手の心の状態を知ることができます。

手を見せている時はリラックスしている状態です。特に、「手のひら」を見せていたら、とてもリラックスしているということです。

逆にこれを利用して、相手の緊張をほぐし、リラックスさせることもできます。「手相を見るから手のひらを見せて」と言って、手のひらを出させる、などの方法です。

セルフタッチが多いとき

自分の身体の一部を頻繁に触るしぐさは、緊張状態を表しています。

この場を早く立ち去りたいと思っていたり、何か隠していたり、嘘をついていたりと、心が安定していない状態です。

相手が、自分の髪や顔や腕などを頻繁に触っていたら、ここに気持ちはあらずで、あまりよくない状況かもしれません。

恋愛だけじゃない、人間関係で使える心理テクニック

f:id:bjlewis4u:20190908173733j:plain

今回ご紹介した恋愛心理テクニックは、メンタリストDaigonのメンタリズムを恋愛に利用したものです。

相手の心理状態を知り、心理学の法則を利用して、相手とラポールを築き、恋愛関係に進めるためのテクニックです。

人との関係は自然なものだし、人の気持ちも自然なもの。けれども、このテクニックを利用することで、相手をよりよく理解して、より良い関係が築けるのです。

恋愛だけでなく、親子や友人関係、仕事関係などでも、人と親しい関係を築くために利用できるテクニックではないかと思います。 

是非、試してみてください。

ではでは😊👍🏻。

ABOUT ME
bjlewis4u
はじめましてアラフィフシングルマザーのBabyJです。英語生活30年。子供は黒人ハーフ。生の英語で学ぶ英語学習、英語で拡がる働き方、生き方、人間関係、そして壁にぶつかっても、折れずに前に進む生き方について書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。