BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

時間の使い方|忙しい毎日に余裕を作り出す(2019年12月18日更新)

f:id:bjlewis4u:20180326212239j:image

こんにちは、BabyJです😊。

会社組織では、上に行けば行くほど、人間性が大切だと以前、このブログに書きました。

一方、起業で成功するには、それだけでは駄目。いろいろなことにアンテナを張って何でも吸収して肥やしにする力や、1つ1つのことを何でも楽しんでしまう柔軟性や楽観性も必要です。

この間、アンビリバボーで紹介されたの人のように。

彼は、実在しない架空のレストランをでっちあげ、由緒あるレストランランクサイトで1位を獲得した頭脳と感性の持ち主です。

そして、そんなあり方は「余裕」の中から生まれます。決まり切ったルーティンだけの毎日からは生まれないのです。

何でも余裕と遊びが大事

車のハンドルには、もともと「遊び」の範囲が含まれています。きっちりと正確に回さなければその通りに回らないようには作られていないのです。

どんなものも、遊びの部分があってこそ、うまく機能するのです。

それに、ルーティンに縛られない部分があった方が楽しい。自分が決めただけの毎日、生活なんてつまらないですよね。

何かを実現するために、きちんと目標や計画を決めることは絶対に必要だけれど、それと同じくらい、余裕や遊びも大切なのです。

時間の使い方|余裕があると何ができる?

やらなければならないからやるのではなく、何となく読みたい本を読む。たまたまやっていた映画に、人生が変わるほどの感動を覚える。

街を歩いていて、たまたま耳にした音楽を気に入ってハマる。たまたま検索で表示されたブログで最近のトレンドを知る。

余裕があると、予定していなかったプラスアルファの学びがあるのです。

計画していないこと、選んでいないことの中に、生きるため、働くための重要なヒントを発見することもあります。

時間の使い方|余裕はどこに?

では、そんな余裕がどこにあるのか?

それは、毎日の時間の中に、そして自分の心の中にあるのです。

どんなにスケジュールでびっしりの毎日でも、余裕のための時間を生み出そうと思えばできるのです。

大切なのは、いろいろなことにアンテナを張って吸収する、1つ1つのことをじっくり観察して楽しむ、という心の姿勢を持つこと。

どんなに忙しくても、今、取り組んでいることしか見えないのではなく、一歩下がって、見ることのできる心の余裕はきっと生み出せるはずだと思うのです。

時間の使い方|どうやって余裕を生み出す?

例えば、私は、毎日働きながら、ブログを書き、本を読み、ニュースを読み、HTMLとCSSを勉強し、子供の高校受験の面倒を見ています。

それら全てをこなすために、電車に乗っているとき、洗面所にいるとき、洗濯物を干しているとき、など隙間時間も活用して、きっちりと計画を立てています。

加えて、食事もしなけばならないし、お風呂にも入らなければばらないし、家事もある。

その中でどうやって余裕を生み出せるでしょうか?

時間の使い方|やるべきことをこなすことから余裕が生まれる

そう考えて、第一に思ったことは、「やるべきこと」を計画どおりきちんとこなす、ということがまず大事だということです。

やるべきことを集中してきちんとこなしたら、あとは自由な時間なのです。

逆に、何か別のことを考えながら、ダラダラやったりしたら、いつまでもやるべきことは終わりません。終わらないと計画通り進まないので、また持ち越しになるし、終わるまでそのことが気になって、自由な心になれないのです。

何も成し遂げられないまま、頭もスケジュールも混乱する状態が生み出される悪循環。

だから、この時間はこのことをやる、と決めたことはその通りにやることが何より大事。結局は、それが時間と心の余裕を生み出す最短の道だと思うのです。

時間の使い方|スケジュールでがんじがらめにしない

また、それを可能にするには、普段のスケジュールをがんじがらめにしないことも必要です。

私は、隙間時間に全てをこなすために、電車の行きはこれ、ランチタイムはこれ、帰りの電車はこれ、という風にやるべきことを割り振っています。

これもちょっと見直しをして、本当に絶対に不可欠なことを優先して、何も割り振らない自由な時間を1つか2つは作らねばと思います。

時間の使い方|どんな時も臨機応変、柔軟に

それから、その時々で、臨機応変に計画を変更することも必要です。

例えば、この前は、ブログを書く予定だったのに、たまたまNHKスペシャルで、興味深い、「人体 神秘の巨大ネットワーク」という番組をやっていたせいで、結局テレビを2時間観てしまって、ブログは書かずじまいに終わってしまいました。

週末に出かける前に、進研ゼミのアプリを確認する予定だったのに、たまたまスカパーでやっていた映画、「ドリアン・グレイ」を観てしまった (自分の代わりに自分の肖像画が歳を取って醜くなっていくという、オスカーワイルド原作の映画) のです。

たまにはそんな脱線があっても、予想外の学びや発見、楽しみがあっていいのではないかな、と重いのです。

忙しい中でも、余裕を作り出すことによって、予定外、予想外の発見があり、それが人生を豊かにするのです。

時間の使い方を工夫して、余裕を作り出しましょう

ではでは😊👍🏻。(2019年12月18日更新)