BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

本物志向のテキストを使って親子で英語を学ぶ|中学生以上の子供の場合

f:id:bjlewis4u:20190718214316j:plain

こんにちは、BabyJです😊。

英語学習には、本物の英語に触れることが不可欠です。

そうは言っても、基礎的な学習ー文法やパターンを覚えることーも土台として必要です。基礎学習と本物の英語に触れることは車の両輪なのです。

また、一方、英語のインプットとアウトプットも、もう1つ別の不可欠な両輪です。

つまり、英語学習には、(1) 基礎&本物、(2)インプット&アウトプットのダブルの両輪が不可欠だ、と言うことになります。

そして、基礎学習をするなら、なるべく本物に近い方法で学ぶ方が楽しいし、やる気も出るし、効果的なのです。

そして、もしも、お子さんも英語学習中ならば、親子で英語を学ぶのもオススメです。なぜなら、一冊のテキストを親子で一緒に学べて、安上がりの上、親子のコミュニケーションにも繋がるからです。

今日は、本物志向の基礎学習教材を使用して、親子で英語を学ぶ方法をご紹介します。

本物志向の基礎学習教材「English in Common」

f:id:bjlewis4u:20190718214217j:plain

実は、数年前まで、会社の英会話事業のカリキュラムプランニングの業務を担当していました。

各種レベル別コースで使用する教材 (全て英語圏で出版されたテキストのみを使用)のレッスンプラン(講師の授業の進め方)を作成することが仕事の1つでした。

そんな中、扱った教材の中で、中学生から大人を対象とした、とても良いテキストがあったので、自らそのテキストを購入し、その頃、中学1年生だった子供に英語を教えていました。

親子英語レッスンは、仕事の都合で、結局は、長くは続けることができず、尻切れトンボに終わってしまいました。が、続けていたら、子供は今よりももっと英語ができていたと思います。

使用していたテキストは「English in Common」。

このテキストは、簡単で基本的な英文法を使用していながら、本場のコミュニケーションを、本物のシチュエーション設定で提示している、とても理想的な教材なのです。

通常の基礎学習テキストがつまらない理由

f:id:bjlewis4u:20190718214241p:plain

英語学習の基礎中の基礎として、英文法学習とパターン練習は欠かせません。

けれども、通常、英文法学習やパターン練習は、機械的で、現実のシチュエーションからはかけ離れたものが多いのです。

例えば、決まったパターンが提示され、部分だけを替えて言う練習。

I would like to play tennis

I would like to play basketball

これを、テニスや野球の絵を見ながら練習する、というテキストがほとんどです。

けれども、現実に、こんな文章を使った会話をすることがあるでしょうか。

練習している内容は、文法やパターンを覚えるためだけのもの。実際の生活で使われる会話や表現とは、あまりにかけ離れているのです。

English in Commonは簡単な文法で、本物のシチュエーション設定

f:id:bjlewis4u:20190718215804j:plain

一方、English in Commonでは、抑えるべき基本的な英文法やパターンを使用していながら、現実のシチュエーション設定で、実際に使用されるであろう自然な表現が使われているのです。

本物のシチュエーションでの自然な表現を使用しているので、面白いし、興味を持って練習できるのです。

以下は、「お店とレストラン」について学習するユニットです。

まず、必須の語彙、restaurant/drugstore/ATM/book storeなどを紹介してから、お店での本物志向の会話を聴かせます。次に、会話から取り出した基本表現を使用して、「What’s your favorite store? (どんなスーパーが好き?)」という現実場面での意見交換へと進んでいきます。

f:id:bjlewis4u:20190718210049j:image

 また、以下は、「コーヒーショップで食べ物と飲み物を注文する」セクション。

同じく、まず、a cup of tea/a piece of cakeなどの語彙が提示され、会話を聴きます。最後に店のスタッフと顧客になって、基本表現の Can I have...? Certainly /Sureなどを使って、実際の会話をしてみる、という流れですが、使用されている会話表現が自然で本物志向なのです。

A:Good afternoon.

B: Good afternoon. A cheese sandwich and a small orange juice.

A: Anthing else?

B: No, thank you.

A: To eat here?

B: Pardon?

A: To eat here or take out?

B: Oh, take out, please.

f:id:bjlewis4u:20190718210131j:image

また、以下は、旅行の前に、スーツケースの中身について会話するセクション。

自然な会話を聴いた後で、基本表現 What’s in the suitcase? を使って、会話しながら、名詞の数え方を学べるようになっています。

例えば、靴を数えるときは、a pair of shose、パンツもa pair of pants、という風に。

f:id:bjlewis4u:20190718210104j:image

何を学ぶかではなく、何ができるか

f:id:bjlewis4u:20190719083305p:image

English in Common のカリキュラムは、「どのような表現を学ぶか」ではなく、「何ができるようになるか」をベースに構成されています。

例えば、先程の「お店とレストラン」のユニットは、「食べ物や飲み物を注文すること」「値段を知ること」「店員とのやりとり (支払いなど)」が「できるようになる」ことが目的です。

「基本パターンを覚えること」ではないのです。

f:id:bjlewis4u:20190719082643j:image

 

6段階のレベル設定で中学生から大人まで

f:id:bjlewis4u:20190718214519j:plain

English in Commonはレベル1から6まで6段階あり、レベル1の中学1年生で使用する文法レベルから、大人レベルまで、少しずつレベルアップすることができます。

なので、私が実際にやったように、中学生の子供とママがペアになって、親子で学ぶことができるのです。

上のスーツケースの中身についての会話練習では、こんな風に、手作りで練習用のカードを作ってレッスンをしていました。

f:id:bjlewis4u:20190718210226j:image

親子で学習する方法ーパターン練習の後は本物で

f:id:bjlewis4u:20190718214651j:plain
私が実際にやっていたオススメの親子レッスン方法は、ひと通り、このテキストで、語彙やパターンを練習した後は、本物を使ってやってみることです。

例えば、旅行についてのセクションで、スーツケースの中身について、会話をする練習をした後は、本物のスーツケースまたはバッグに、自分で選んだ本物の持ち物を詰めて、お互いに、何が入っているかを尋ねる会話をするのです。

また、キッチンカートの上に、本物の飲み物やお菓子を乗せて、飛行機の中でのキャビンアテンダントと乗客の会話の練習もできます。

親子で英語を学ぶ利点

f:id:bjlewis4u:20190718215053j:plain
本物のシチュエーション設定で、親子で英語で会話をする。本物だから楽しいし、楽しいから覚えるのです。

それに、親子でそんな時を一緒に過ごして、一緒に学ぶことは、とても大事な親子のコミュニケーションの機会になります。

学ぶ表現やパターンを超えて、いつか、親子で、言いたいことについて、自由に会話し合える日がくるかもしれません。

同じテキストを使って、親子で英語を学んでみませんか?

1つのテキストで済むので、安上がりの上、楽しい。一石三鳥なのです。テキストには、ワークブックや、ActiveBookというCD-ROMも付いています。

ActiveBookには、テキストのデジタル版に加え、音声とリスニング用の補助教材が収録されています。

ではでは😊👍🏻。

以下はスタートとなるレベル1です。

English in Common  Level 1 Split Edition Student Book B and Workbook B with ActiveBook CD-ROM
Maria Victoria Saumell Sarah Louisa Birchley
Pearson Japan