BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

英語の発音はネィティブの使う本物を目指そう|発音練習のコツ

f:id:bjlewis4u:20191006133730j:plain

こんにちは、BabyJです😊。

英語を話せる人が、国際会議でスピーチをしている場面をテレビなどで見ることがあります。

けれども、発音が日本人英語だとがっかりですよね。

英語を話すなら、やっぱり、ネィティブが使う本物の発音で話せた方がかっこいい。

ただかっこいいだけじゃなく、英語の発音が本物に近いと得することがたくさんあるのです。

ここでいう「ネィティブの使う」とは、アメリカ人やカナダ人のようなネィティブと「同じでなければいけない」という意味ではありません。

ネィティブの発音を手本として真似するべきだ、ということです。

今日は、ネィティブの使う本物の発音をマスターすべき理由と、発音マスターのための練習のコツをお話しします。

英語の発音、ネィティブの使う本物を目指すべき理由

f:id:bjlewis4u:20191006133805j:plain

人は見た目が大事と言うけれど、英語の発音も同じこと。

国際会議などで、政府高官が、通訳を介さず英語でスピーチをすることがあります。英語ができるため通訳は必要ないからです。

けれども、発音は、日本人英語、つまりカタカナ英語であることがほとんどなのです。

発音が下手だと評価がマイナス

英語的な思考をベースにきちんと論理立てているし、適切な語彙を知っている。素晴らしい意見も持っている。

けれども、それをアウトプットする時の英語の発音が日本人英語のままでは、パフォーマンスとしてはかなり評価が減点されてしまいます。

英語が話せても、発音が下手だと見劣りしてしまうのです。本当はまぁまぁイケメンなのに、着ているものがパッとしないから見劣りしてしまうようなものです。

そもそも発音が正しくないと、外国人に、言いたいことが100%伝わらない可能性もあります。

発音が本物だと得することがたくさん

一方で、発音がネィティブ並みだと、瞬時に「英語ができる!」という強い印象を与えます。

話の内容よりも、それだけで英語レベルの評価が決まると言っても良いくらいではないかと思います。

何より、英語の発音がネィティブ並みだと「かっこいい」ですよね。

人は見た目が大事。英語は発音が大事なのです。

それに、ネィティブの使う本物の発音ができれば、ネィティブの会話も聴き取れるのです。

発音できる音は同時に聴き取ることができる。つまり話すことと聴くことは車の両輪だからです。

英語の発音 練習のコツ|発音方法を学ぶ

f:id:bjlewis4u:20191006133858j:plain

では、ネィティブの使う本物の英語の発音をどうやって身につけたら良いのか。

その練習方法をご紹介します。

まず、第一に必要なのは、「発音のしかた」、つまり、個々の音を発話するための口の動きを学び、それを練習によって身につけることです。

同じ「ア」でも発音はいろいろ

例えば、同じ「ア」でも、3種類の異なった発音があります。以下に発音記号と単語例を示します。

単語例の発音記号の上についている/`/ は、強く発音するところ、「アクセント」のある場所です。

  1. /ӕ/  例:cat /kǽt/(猫)
  2. /ɑ/ 例:box /bɑ́ks/(ボックス)
  3. /ʌ/ 例:cup /kʌp/(カップ)

1.の/ӕ/は、「ア」と「エ」の中間の音。「ア」の口の形で「エ」と強く発音します。

2.の/ɑ/は、あくびをする時のように大きく口を開けて、喉の奥から「ア」と言います。

3.の/ʌ/は、口をあまり開けずに、口の奥から短く吐き出すように「ア」と言います。

発音練習おすすめの本

口の動かし方を学んだら、今度はCDを使って、語彙や文章で練習します。

このような、口の動きを図解や写真で学び、語彙と文章を練習するには、以下の本 (CD付) がおすすめです。 

f:id:bjlewis4u:20191006112609j:plain
f:id:bjlewis4u:20191006112621j:plain
f:id:bjlewis4u:20191006112615j:plain
図解や写真で英語の発音の仕方が学べるCD付の本
CD付き英語の発音が正しくなる本
鷲見 由理
ナツメ社

英語の発音 練習のコツ|ネィティブの発話を完全に真似る

f:id:bjlewis4u:20191006134827j:plain

発音のしかたを身につけたら、次に必要なのは、ネィティブの発音を聴き分け、それを全く同じように真似する練習です。

先にご説明したとおり、発音できることは聴き取れる、聴き取れることは発音できる、という風に、発音と聴き取りは車の両輪です。

いろいろアプリなどはあると思いますが、とりあえず、無料ですぐにできる方法としてTED を使ってスクリプト付のスピーチで練習する方法をご紹介します。

TEDのスピーチを1つずつ繰り返し利用

TED のトークから好きなトピックを1つ選んで、まずはそれを使ってじっくり練習することから始めます。

【おすすめのトーク】

We're building a dystopia just to make people click on ads

How I hacked online dating

My failed mission to find God

ディクテーション|何を言っているかしっかり聴いて書き取る

まずは、スクリプトをオフにして、一文一文を聴きながら書き取る、ディクテーションをします。

一度にトークの全部をディクテーションするのでは集中力が続かないので、最初は数文からで良いのです。音声を集中して聴き、書き取ります。

次にスクリプトをオンにして答え合わせをします。

f:id:bjlewis4u:20191006122518p:plain

ここでスクリプトのオンとオフを設定します

これによって、聴き取れなかった部分の音がどのように聴こえるのかを確認できます。

こんな風に、注意して細かいところまで聴き分ける練習を重ねます。

シャドーイング|ネィティブの発音を真似る

ディクテーションで、音の確認ができたら、今度は、ネィティブの発音を真似る練習をします。

最初はスクリプトをオンにしたままでOK。

耳から入ってくる音を全く同じように真似て発音します。耳で聴くと同時に口から発話するシャドーイングです。

スクリプト付きで練習を重ねて慣れてきたら、今度はスクリプトなしでやってみます。

このディクテーションとシャドーイングを、1つのトークが終わったら次のトーク、という風に、練習を重ねていくうちに、徐々に聴き取りや発音のスキルが身についてきます。

ディクテーションの方は、トークの音声がほぼ聴き取れるくらいになったら、省いても良いと思います。

英語の発音 練習のコツ|映画やニュースで本物の英語をたくさん聴く

f:id:bjlewis4u:20191006134857j:plain

あとは、日常生活で、たくさん本物の英語をたくさん聴くことです。そして聴き取れたネィティブっぽい表現を口にしてみることです。

これにはやはり、CNNやBBCなどのニュースや、映画がおすすめです。

映画よりニュースの方が易しい

どちらかというと比較的難易度が低く、聴き取り易いのはニュースの方です。

ニュース報道は、既に日本語で内容を知っていることが多いからです。内容を知っていればそれが理解の助けになるのです。

また、ニュースで使用される英語はフォーマルな英語なので聴き取り易いのです。

【CNN・BBCを視聴する方法】

最初のアンテナ設置工事だけは面倒だけれど、リビングのテレビをつければいつでも観られる >>スカパー

設置工事不要、PCやスマホ、タブレットで割安に観られる >> Hulu

映画は日常表現の宝庫

映画は、スラングや省略形満載なので、ニュースより難易度が高いです。

けれども、日常生活を描いているため、様々な場面で使う日常表現の宝庫と言えます。

実は、先日、Rizap English ライザップイングリッシュで無料体験レッスンを受けた際、イケメン講師に、会話の中で、"Come to think of it."と言われたのです。

私は「考えてもご覧。わかる?」という意味だ、とすぐわかったのですが、そんな表現は勉強した覚えがないのに何故わかるのだろう?多分、映画やドラマからだろう、と思ったのです。

そんな風に、映画やドラマを観ることでネィティブっぽい表現も自然に学ぶことができるのです。

映画やドラマを最低料金で観れるのはやっぱりこちら >> Amazonプライム 30日間無料体験 無料体験後は500円 (税込)/月のみ *アプリに繋がってしまいアクセスできない場合は直接検索してください🙇‍♀️。

ただし、こちらではCNNやBBCニュースは観れません。

ニュースも映画もドラマも全部、という場合は、やはり スカパー (割高で最初の工事は面倒だけれど、リビングのテレビでいつでも気軽に観れる)か Hulu (割安だけれど、PCやスマホ、タブレットが主) がおすすめです。ちなみに私はスカパー歴15年以上です。最初のアンテナ設置工事は面倒だし、料金も割高ですが、やっぱり、テレビをつければいつでもすぐ観れるので、CNNは生活の一部になっているのです。

英語の発音はネィティブの使う本物を目指そう

f:id:bjlewis4u:20191006134512j:plain

今日は、英語の発音学習についてお話しました。

どうせ英語を学ぶなら、英語の発音はネィティブの使う本物を目指すのがベストです。

日本人英語よりもネィティブの発音で話せた方がかっこいいし、「英語ができる!」と思われて、グーンと評価が上がるのです。

そして、ネィティブの使う本物の発音ができれば、ネィティブの発音も聴き分けられます。

日常生活の中で、TEDトークやCNN/BBCニュース、そして映画やドラマを楽しみながら、練習することをおすすめします。

ではでは😊👍🏻。

【映画を使った英語学習の方法詳しくはこちら】