BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

せっかくのチャンスを逃す

f:id:bjlewis4u:20190202181610j:plain

こんにちは、BabyJです😌。

実は、最近、このブログがきっかけで、取材の申し込みを受けたにも関わらず、詐欺と誤解してお断りしてしまう、という残念なことがありました。

今日は、いかに嘘と本物を見分けるのが難しいかについて書きたいと思います。

問い合わせから取材の申し込み

数日前の朝、このブログに設けている「問い合わせフォーム」から、NHK Worldのディレクターであるという方から、取材を依頼する旨のメッセージが届きました。

大坂なおみ選手が優勝したことを機に、「ハーフの子供の子育て経験について話を伺いたい」という内容でした。

候補者を探していて、このブログに辿り着いた、ということなので、多分、この記事からかな、と思いました。

以前、プロブロガー(どの方だったか忘れた)が、書籍の中で、「メディアは、ブログを使ってネタや取材対象を探している」と書いていたので、ああ、これがそうなのだな、と思いました。

本物か偽物か

けれども、なりすましの詐欺である可能性もある。これは本物なのだろうか?と半信半疑でした。

NHK Worldは、NHKの海外向け英語放送。

「海外にルーツを持つ日本の若者が置かれている現状を伝えたい」とのことで、番組の目的と背景がきちんとした言葉で述べられていた。

けれども、名字しか書かれていないし、連絡先が携帯電話。

しかも、番組の放送が明日だから、今日のどこでも何時でも良いから顔出しのインタビューに応じて欲しいという。

悩んだ末、承諾

朝、通勤電車の中で、メッセージを読んだのに、取材は今日。仕事が忙しいので、ディレクターが本物かどうかを調べる時間も多分ない。

かなり怪しい気がするけれど、取材を受ければ、このブログだけではなく、新しく始めた外国人向け通訳・翻訳サービスの宣伝になるかもしれない。

ブログや副業がうまくいきますように、という願いが、取材を引き寄せたかな?とも思える。

時間もないので、結局、取材を受けることに決め、会社に着く前に「仕事の後でよろしければお受けします」という返事を送った。

やっぱり偽物と判断し断る

ところが、その返信を読んで、愕然。

「インタビューはご自宅で行うのは可能ですか?お子様の顔出しも可能ですか?」との内容。

自宅で??これは完全になりすましの犯罪に違いない!と即刻決断。すぐに「やはりお断りします」と返事をした。

突然、自宅で取材というのは完全におかしい。

レイプか殺人の被害者になるところだった。未遂で済んで良かった。承諾した私は馬鹿だった、と思った。

ところが本物だったことが判明

ところが、その夜、取材は本物だったことが判明した。

私が「怖かった」とその出来事をFacebookに載せたところ、Facebook友から、同じ取材を受けた人のTwitter投稿があったことを知らされたのです。

その投稿には、そのディレクターの方の取材を受けた様子が親子の写真付きで載っていたのです。

その上、なんとそのディレクターは、女性だったのです。それも、とても優しい感じの若い女性。

私は男性だとばかり思い込んでいました。

本物と偽物を見極めるのは不可能

メッセージには、名字と携帯番号しかなく、いきなり自宅での取材要請。本物だと見極めるのはとても不可能な状況でした。

本物を詐欺だと疑ってしまうなんて、と申し訳なく思い、その夜、そのディレクターの携帯にお電話をし、経緯を伝えると共に、お詫びをしました。

とても感じの良い女性で、とても恐縮されていました。

その後、送られてきたメールには、いつも取材要請には驚かれ、断られることが多いこと、そんな中での丁寧な対応に感謝していることが書かれていた。

そして、今度は会社のPCからだったのか、最後にちゃんとフルネーム、肩書き、NHK Worldの住所、連絡先が記載されていました。

最初から書かれていたら良かったと思うのですが、フリーランスで仕事をし、取材を何度も受けているFacebook友の話では、「取材の申し込みはそんなものだ」とのこと。

せっかくのチャンスを逃したけれど

せっかくのチャンスを逃してしまったけれど、転んでもただでは起きたくない。

そのディレクターには、お詫びを伝えた際、「ハーフの子育て以外にも、シンブルマザーの生き方、50代の生き方、日本人のグローバル化などで、一般の人の取材が必要になったら、是非ご協力させてください!」と言っておいた。

いずれにしても、子供は、最近は電脳世界に住んでいるので😅、現実世界での顔出しの取材は嫌がっただろうから、今回の取材は、どうせ実現しなかった可能性も高い。

それでも、これが今後の何かのきっかけになったらいいなと思うのでした。

ではでは😌👍🏻。