BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語と異文化と好きなことが詰まったワクワクの毎日

夏休み ハワイ短期留学のすすめ【英語 20】

f:id:bjlewis4u:20180602191015j:image

こんにちは、BabyJです😊。

もうすぐ夏休みの季節がやってきます。お勤めの方は、会社で、長期間の休みを取れる方も多いのではないでしょうか。

うちの会社は夏休みはたった5日間ですが、土日を挟めば最大9日間の休日取得が可能。外国人スタッフの中には、さらに有休を組み合わせて、2週間くらい休みを取り帰国する人もいます。

できれば細切れでなく、長期間ゆっくりと過ごしたいものですね。

今日は、英語学習中の方への1つの選択肢として、1週間から参加できる常夏の島ハワイでの短期留学、ハワイ留学ハワイパームスイングリッシュスクール【Hawaii Palms English School】 についてご紹介します。

英語学習に不可欠なアウトプットの機会

以前、書いた通り、英語学習には、インプットとアウトプットの両方が不可欠。インプットとアウトプットは英語をものにするため車の両輪。

英字新聞やペーバーバックスを読んだり、ニュースなどを聴いたりすることで、たくさんの語彙や表現をインプットすることは重要な学習の車輪。

そして、インプットの継続で自分の中に蓄えた英語を使って、コミュニケートすること、自分を表現すること、英語で何かをすることがもう一方の欠かせない車輪。

英語を「勉強する」のではなく、英語を「使う」ことが必要なのです。

多様なコミュニケーションの場

今回、ご紹介するハワイ短期留学プランは、毎週月曜日からスタートのプログラムを1週間単位で申し込むことができるため、会社の夏休み等にも参加が可能。

授業は毎日、午前中の4時間のみ。その後は、ヨガ、スキューバダイビング、グルメツアー、バーベキューなど様々なアクティビティを楽しむことができる (オプション)。

 

普段の生活を離れた外国の地で、講師や学校関係者、各国からのクラスメートと関わること、またそこで生活することで、日本では得られないコミュニケーションの機会が得られる。

短期間の滞在を有効活用するには、実際にクラスで「学ぶ」英語の内容よりも、クラス内外でのあらゆる場面で、様々な人たちと関わることが大切。

事務局は安心の日本人、講師はネィティブ、生徒は各国から

スクール運営者や現地の事務局スタッフは日本人だから安心。講師はアメリカ本土やハワイ在中のネィティブのみ。生徒は、日本人のみでなく、アジアや南アメリカなど様々。各国の人たちと交流することができる。

英語を使って仕事をする上で、ネィティブ以外の人たちと英語でやりとりをすることは非常に多い。

私も今まで、30年以上英語を使って仕事をしてきた中、インドやフィリピン、アフガニスタン、中国など様々な国の人たちと関わってきた。訛りの強い英語がよく聞き取れず困ったこともあった。そんな時はだいたいわかれば良いという感じで、推測で理解していたものです。

なので、ネィティブである講師とも、各国のクラスメートとも同時に関わることのできる環境はコミュニケーションの良い体験の場になるのです。 

文化を知るきっかけになる

留学期間中は、授業や様々なアクティビティの他に、ビーチやダイヤモンドヘッドなど、オアフ島の各地へのツアーも楽しめるようになっています (オプション)。

ただの観光ではなく、講師やクラスメートと時間を共に観光地を周り、共に時間を過ごすことで、これから続く異文化交流につながる可能性もある。

ハワイという地の文化や歴史についてこれからもっと興味を持って、学んでいくきっけになるかもしれない。

f:id:bjlewis4u:20180602191139j:image

割安料金、家族で楽しめる

ビジネスコースなど様々なプログラムが用意されているが、毎日、午前中4時間の英語集中プログラムは、1週間、受講料US$350 (+ 入学金: US$125, 教材費: US$85)。*家族で申し込む場合は、各自受講料10%割引

宿泊先は、ホームスティかコンドミニウムを選択するようになっている。

コンンドミニウムは、全て家具、ミニキッチン、バスルーム付で、ランドリー施設もあり。スクールまでは、徒歩で行ける距離にあり、ビーチ、レストラン、店、銀行、バス停からも近くて便利。

宿泊費は1週間US$500 (+ 手配料: $200、清掃代金: $100)。この宿泊費は1名分。2名の場合は、2倍ではなく1.3倍の料金のみとなる。また5歳以下の子供は無料。

ちなみにホームスティの場合はUS$510 (+ 宿泊手数料: $200)

コンドミニウムの場合で、1週間の受講料、宿泊費合計は、US$1,420 (約155,000円)。ひとり1日あたりUS$202 (約22,000円)。つまり、日本のホテルや旅館の宿泊料とほぼ同じくらいの金額で、受講料も賄える分、お得と言える。

家族か友人とコンドミニウムが一番お得です。

f:id:bjlewis4u:20180602191306j:image

有効活用できるかどうかは自分次第

常夏の島ハワイで、様々なアクティビティを楽しみながら、いろいろな人達と出会い、英語を使う生活を体験する。

そして、どんなこともそうだけれど、その機会を最大限に活用して、さらに今後に繋げることができるかどうかは、やっぱり自分次第なのです。

日常から離れての1週間の体験はストレス解消にもなる。

いろいろ詰まったハワイ短期留学。1つの選択肢としていかがでしょう。

ではでは😊👍🏻。