BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語の仕事生活、異文化、役立つ学びの体験、そして、50代の幸せ探しの日々

日本で暮らす外国人の夢<改訂版> 【異文化 5】

f:id:bjlewis4u:20180512061213j:plain

こんにちは、BabyJです😊。

昨日、「日本で暮らす外国人の夢」を掲載した後、なんだか「ビミョー」な気持ちがした。なんだか気持ちがまとまらないまま、無理にまとめてしまったように感じた。

書いたことは事実だけれど、自分の気持ちではない、どうも違う、というような。

なので、一旦取り下げて書き直し(後半部分)、ここに改めて掲載することにしました。せっかく最初の記事を読んでくださった方々にお詫びいたします。

本当に申し訳ありません。やはり、自分の思いに忠実でなければいけないと思います。

しないことリスト」に書いてあった通り、ビミョーと思ったらそれは違う。以下は改訂版です。

www.babyj.info

 ---------------------------------------------

日本でモテるのは普通の女性。キャリア系の女性はモテないと書きました。

www.babyj.info

では、キャリア系の女性はどうしたらいいのか、という問題の答えを提示していたのが、私が読んだ本「キャリモテの時代」でした。

キャリア女性には、外国人かアーティストがベスト、だという。

私はこの本の存在など知らない遠い昔、外国人でしかもアーティスト(ゴスペルミュージシャン)であるアメリカ黒人と結婚した。

結局、離婚したとはいえ、私は、自分が選ぶべき相手を選んでいた、ということになる。

何故、外国人とアーティストか

何故、キャリア女性には、外国人とアーティストなのか?

アーティストは自分の世界や価値観を持っていて、それが最重要。だから、パートナーの収入や地位や学歴がどうだろうと、そんなことは関係ない。どちらが上だとか下だとかそんなことはどうでも良いこと。

外国人は、自分と同じレベルと価値観をパートナーに求める。だから、キャリア系女性はキャリア系男性を選べば良い。キャリア系同士、対等の良きパートナーになれる。

確かにその通りだと思う。

日本で暮らす外国人

けれども、問題はそんなに簡単ではない。

日本にいる外国人は本国にいる外国人とは事情が違う。彼らの多くは、日本が好きでここにいる。わざわざ日本で暮らし、日本で働いている。

日本で暮らす理由はもちろん様々。本国の所属先から日本での駐在を命じられるエリート、米軍や大使館等の政府関係者もいる。

一方、ただ、アジアや日本が好きで、自ら日本で暮らし働くことを選ぶ人達も多い。

前者は、日本を単に一時的な滞在先とみなして、自分達の生活様式を保とうとする。

が、後者の場合は、日本に対する一定のイメージを持っている。日本は、富士山、桜、芸者に代表されるような、アジアのエキゾチックな国。

母国ではただの人日本ではアイドル

それに、日本では、外国人はアイドルになれる。

日本には、外国人が好きな女性がたくさんいる。本国ではただの人でも、白人、黒人に関わらず、日本に来ればアイドルになれる。

本国にいるよりも、ずっと居心地の良い、楽しい生活が送れる。

日本女性に対するイメージ

そして、彼らは、日本女性に対しても、あるイメージと憧れを持っている。日本女性は、欧米の強く逞しい女性と違って、穏やかでつつましい、と。

実際に、私など足元にも及ばないほど、欧米の女性は強いと思う。弱い男性など踏み潰すくらいの精神的、肉低的強さがある。

仕事にも恋愛にも、人生をエンジョイすることに対しても、貪欲で精力的。映画にもなった超人気ドラマ、Sex and the Cityに描かれているように。

そんな女性達と対等に、またはリードしてやっていくことに疲れてしまったのかもしれない。だから、日本人女性に心の安らぎを求めるのかもしれない。

求められるのは心の安らぎ

結局、日本人、外国人に関わらず、男性が女性に求めるものは、心の安らぎなのかもしれない。男性だけでなく、女性もそうだと思う。女性の場合は、安らぎだけではないけれど。

私も、男性でも、女性でも、穏やかで一緒にいて安らぎを感じられるような人はいいなぁと思う。自分にはないものとして憧れる。

けれども、私の場合は、自分自身が、「外国人、アーティスト」タイプなのだとも思う。

自分は自分ブランド

でも、なんだか、いろいろ考えると面倒くさい。

日本人男性はこういう人が好き。外国人はこういう人が好き、それはそうかもしれないけど。

パートナーを見つけるために、無理に自分を合わせるというのはビミョー過ぎ、違う気がする。

それに、胸に手をあててよく考えると、私はパートナーを「探す」気持ちはない。

誰かと出会い、惹かれたり、親しくなったりするのは自然なもの。何かを一生懸命やっていてたまたま出会うもの。

自分は自分であれば良くて、自分ブランドを見つければ良い。それを嫌いな人は嫌いでいいし、好きになってくれたら嬉しい。ただそれだけだと思う。

つまり自分は自分らしくあること。自分の何が売りで何が駄目なのか、ちゃんと分かっていること。結局、男性がどうこうじゃなく、人として、自分がどうありたいか、どう見られたいかが重要なのだ。

そして、自分に合った場所に行き、自分に合った人と関わること。あるべきところに身を置くということかな。

やっと正直な気持ちを書いてスッキリした。

ではでは😊👍🏻。