BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語と異文化と好きなことが詰まったワクワクの毎日

好きな人の好きなもので世界が拡がる【恋愛 8】

f:id:bjlewis4u:20180829211302j:plain

こんにちは、BabyJです😌。
人生の中で、いろいろな人に出会う。そして、出あった人との関わりで、自分の世界が拡がる。特に恋愛の場合はなおさら。

その人の世界、好きなもの、友達、その人の世界を創るいろんなもので自分の世界が拡がる。自分一人の世界よりも。

今日は、そんな思いについて書きたいと思います。

少年のように夢中になるものがある人が好き

私は、昔から、少年のように、自分が夢中になるものを持っている人が好きです。そして、自分もそんな人になりたいと思う。

何かに夢中になる、夢中であり続けるのに、年齢は関係ない。バイクや車、ギター、バンド、バスケ、サッカー、サーフィン、ヨットなど。

いくつになっても現役で、バイクやサーフィンヨットやギターとかに、少年のように熱中しているところに惹かれてしまうのだ。

これが、将棋とか、カラオケとか、ゴルフだったら、特にワクワクするような魅力を感じない。

f:id:bjlewis4u:20181024125508j:plain
f:id:bjlewis4u:20181026101026j:plain
f:id:bjlewis4u:20180826120426j:plain
f:id:bjlewis4u:20181024125510j:plain

好きなものがその人のイメージをつくる

そして、熱中すること、好きなことが、その人のライフスタイルとか、ファッション、全体的なイメージを形づくるように思う。

普段、普通に仕事をして、普通に日々の生活を営んでいても、なんとなくその人の少年っぽいやんちゃなイメージが滲み出る。

うまく表現できないけれど、普通の何でもない淡々とした日常に収まっていないところが魅力なのかもしれない。

予想外の魅力で得点アップ

好きなことを貫く人は、ダブルで得だと思う。好きなこと、夢中になることがあって、人生を生き生きと楽しめる上に、それが魅力になるのだから。

特にそれが、一見した外見とは予想外である場合は、さらに魅力度がアップする。

例えば、会社一筋の、一見、真面目そうで地味な男性が、実はサーファーだったり、バンドのボーカルだったりしたら、驚きの分、格段に魅力が倍増する。

嫌いだった人が本当は良い人だと知って、普通以上に好きになるのと同じ原理かな?

好きな人の好きなものに興味

そんな風に惹かれるだけでなく、好きな人の好きな世界を知りたいと思う。

それによって、その人が理解できるし、知ることで自分の世界も拡がる。

大昔、好きな人がユーミンが好きだったので、ユーミンのアルバムを全部聴いことがある。自分も元々ファンだったけど、もっと夢中になった。

好きな人が、ディンギー(1,2人乗りのヨット) をやっていたので、自分も真似して八景島のヨットスクールに入ったこともある。風で急転回したブーム (風で動く帆のついた横の棒) で頭を打ったことがきっかけで途中で逃げ出してしまったけれど (CTスキャンの結果、頭には異常なかった😅)。

<ディンギー>

f:id:bjlewis4u:20181027073905j:image

好きな人が池波正太郎が好きだったので、おじさんみたいだと思いながら、池波正太郎の作品をいろいろ読んで、お蕎麦と日本酒が合うことを知った。

でも、何故か、元夫はゴスペルミュージシャンだったにも関わらず、私はゴスペルに興味がなく、ゴスペルを知ろうとしなかった。ブラックミュージックは大好きだけれど、彼が好きな教会の賛美歌風の音楽にそれほど興味がなかった。

それが離婚の原因ではないけれど、彼を心から好きではなかったのだろうか。。。

男性だけの特権?

でも、ふと思う。こんな風に好きなものに夢中になることが魅力的だと思えるのは、男性に対してだけのような気がする。

例えば、50代の女性が、実は、サーファーだとか、バンドのボーカルだとか、バイクに乗ってるとか知ったとしても、すごいなぁとは思うけれど、特にそれが魅力的だとは思わないように思う。

夢中になっている姿が「少年のようで魅力的」と思うのは男性に対してだけだ。何故だろう。私にはよく分からない。

 

とにかく、好きな人の好きなものは自分の世界を拡げてくれる。

そして、自分自身も、一緒にいると世界が拡がる、と人に思われる人になれたら素敵だな、と思う。

ではでは😌👍🏻。