BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語学習、英語の仕事、自分らしい生き方・働き方・ライフスタイル

その反応で運命が分かれる 改訂版【生き方 14】

f:id:bjlewis4u:20180909165633j:plain

こんにちは、BabyJです😌。

毎日、人間関係でいろいろなことがあります。

嬉しいことも楽しいこともたくさんあります。でも、なんとなく気まずくなるとか、なんとなく疎遠になってしまうこともあります。

そういうことは誰でも経験していることではないかと思います。

けれども、そういう状況をどう解釈するか、そして、どう反応するかは人によって異なります。

そして、どう解釈し、反応するかで、その後の運命が全く変わってしまうのです。

今日は、昔学んだ心理学の理論も交え、起こった出来事に対する解釈、反応と、それがもたらす結果=運命についてお話ししたいと思います。

同じ出来事に対する解釈と反応の違い

f:id:bjlewis4u:20190707125732j:plain

同じ出来事に対しても人の解釈は異なります。解釈が違うから、反応も異なるのです。

よくありがちな一番わかりやすい例をあげると、例えば、最近、恋人からあまり連絡がない。以前は毎日LINEで連絡があったのに、この頃は2,3日音信不通のこともある、など。

心配になって「どうしたの?」と聞いてみる。返ってきた返事は、「忙しい」のひとこと。

これをどう解釈するか、そしてどう反応するかは人によって異なります。

「忙しい」と言われて、「それは口実だ。私のことが嫌になったのだ」と解釈したら、不安に陥ります。不安から、相手を問い詰めたり、不満をぶつけたりしてしまうかもしれません。

でも、「忙しくて大変なんだ」とありのまま受け止めていたら、「大変ね。頑張って」と相手を労って励ますでしょう。

反応が導く全く異なる運命

f:id:bjlewis4u:20190707125747j:plain

それぞれの反応が引き起こす結果は、目に見えています。

「忙しい」と言った途端、不満や不安をぶつけられたら、重い、面倒くさいと思われてしまうでしょう。

もう関わりたくないと思われてしまうかもしれません。このことがきっかけで別れに繋がるかもしれません。

でも、「大変ね。頑張って」と言われたら、放って置いても怒っていない、と安心して、彼女といることを心地よく思うでしょう。

今は会えないかもしれないけれど、これからも、2人の関係は続くでしょう。

本当は「忙しい」が口実だったとしても、です。

同じ状況でも、解釈と反応によって、その後の相手との関係、そしてそこから続く運命は全く違った結果になるのです。

どうせなら未来が広がる反応を

f:id:bjlewis4u:20190707130332p:plain

実際のところは、何が正しいのかはわかりません。

彼は本当に忙しいのかもしれません。それとも、なんとなく気持ちが下降気味で、彼女とは距離を置きたくて、「忙しい」と言っているのかもしれません。

真実は本人しか知りません。場合によっては、本人もわからないかもしれません。正しい解釈を目指してもあまり意味がない気がします。

それならば、未来に繋がる、希望のある解釈、幸せになれる解釈をした方が良いのではないでしょうか。

では、何が解釈の違い、そしてそれに繋がる反応の違いを生むのでしょうか。

アルバート・エリスの論理療法

f:id:bjlewis4u:20190707125813j:plain

大学時代に、心理学で、アルバート・エリス Albert Ellis の「論理療法 Rational Therapy」を学びました。

出来事」が「反応」を引き起こすのではない。「出来事 A: Activating Event」と「反応 C: Consequence 」の間には、その人固有の、「出来事に対する解釈」がある。その人の解釈が反応を引き起こしているのです。

そして、その「解釈」は、その人の「信念、固定観念 B: Belief」なのだ、という考え方です。f:id:bjlewis4u:20180909170527j:plain

「信念・固定観念」には2つあります。「非合理的な信念 Irrational Belief」と、「合理的な信念 Rational Belief」です。

非合理的な信念 Irrational Belief」は、事実に基づいていない。論理的でない。気持ちを惨めにさせる、否定的、悲観的な考えです。

彼が「忙しい」というのが「口実である」というのは事実でしょうか。「私のことが嫌いになった」というのは事実でしょうか。惨めな気持ちになる、否定的、悲観的な考えです。

一方、「合理的な信念 Rational Belief」は、論理的で、柔軟で、現実的、そして役に立つ考え方です。

彼は「忙しい」と言ったのだから、そうなのだ。それなら労ってあげなければ。それが本当かどうかわからないけれど、彼がそう言うのならそれはそれでいいやと柔軟に考える。そうすれば、関係を損なうことはないのです。

合理的な信念に基づいた解釈は、ポジティブで、未来に繋がる解釈です。

真実も未来もわからない

f:id:bjlewis4u:20190707130032j:plain

真実はわからないし、未来はわからないのです。

今は、「忙しい」かもしれないし、なんとなく2人の関係も停滞気味かもしれない。

でも、時と共に状況は変わる。人の気持ちも変わるのです。

だから、どうせなら、未来に繋がる解釈と反応を選んだ方が良い。事実だけに基づいた、柔軟で、現実的で、役に立つ解釈と反応を。

その方が幸せに生きていけると思うのです。

 

けれども、言うは易し、行うは難しです。

実際にそういう状況になったら、感情が先立って、役に立つ反応を選ぶなんて、できないかもしれない。

でも、解釈をするのも反応するのも自分なのだということを忘れないこと。

そして、その解釈によって運命が決まってしまうこと、また、その解釈と反応が100%正しい事実だという根拠はないことを思い出すだけでも違うと思うのです。

ではでは😊👍🏻。