BabyJ's Diary: バイリンガルシングルマザーのダイアリー

英語と異文化と好きなことが詰まったワクワクの毎日

アンビリバボー 実在しないレストランから学ぶ【働き方 10】

f:id:bjlewis4u:20180316223145j:image

こんにちは、BabyJです😊。

皆さんは、昨日、2018年3月15日(木)の「奇跡体験!アンビリバボー」を観ましたか?

有名な口コミサイトに、実在しない「架空のレストラン」を登録。架空の店にもかかわらず、たった6ヶ月でランキング18,149位から1位にまで上り詰めた話。

 奇跡体験!アンビリバボー:イギリス騒然!前代未聞のデマ 実在しないレストラン - フジテレビ

その後、全部架空であったことを発表し、イギリス中を騒然とさせたその人物、ウーバー・バトラーという人物にものすごく感銘を受けました。

今日はこの人の何がすごいのかを考えたいと思います。

ものごとへの洞察力がすごい

彼は26歳のフリーライター。生活のため、口コミサイトに、嘘の口コミを投稿するアルバイトをしていた。そのレストランには一度も行ったことがないのに、評価をでっち上げて口コミに書けば、1件1,500円相当の報酬がもらえる(クラウドソーシングよりずっといい)。

なので、彼は、良心の呵責を感じながらも口コミを投稿していた。

しかし、ある日、彼は驚いた。嘘を書いたのに、ユーザーから口コミに感謝するコメントがついていたのだ。

彼は考えた。人々がこんなに簡単に口コミを信じてしまうのなら、架空のレストランをでっち上げたらどうなるだろう。そして、どこまで人が口コミに翻弄されるだろうか。実験してやろう!と前代未聞のいたずらを思いついた。

人が嘘の口コミを評価した。そのひとつの事実、事象への洞察力、そこから前代未聞のいたずらに発展させるプロジェクト企画、実行力がすご過ぎる。

こだわりが半端じゃない

口コミサイトへのレストラン登録・掲載のためには、アピールする紹介文や写真、場所の説明が不可欠。

実在しないレストランであることがバレてはまずいので、使い捨て携帯の番号と自宅前の通りの名前だけを登録。店の外観はネットから誰かのものを無断で拝借。そして、料理の写真を写真家の友人に頼んで撮影した。

しかし、架空のレストランなのだから、掲載する料理の写真にも、絶対に食べ物は使わない、というこだわりがあった。

一品、一品、自分 (友達の?) の足やトイレの漂白剤、シェービングクリームなどを使って、美味しそうな料理の写真をでっち上げた。

本物の料理を作った方が簡単なのではないかと思うくらいのアレンジと細部への凝りよう。

やるからには、徹底的にやるという姿勢。

外からは見えないMacの基盤が、美しく配置されていなければ許さなかったスティーブ・ジョブスを思い出してしまいました。

カスタマー心理を分析したコンセプトがすごい

架空のレストランは、口コミサイトへの登録を難なくパスした。

次は、ランクアップを目指して、兄弟、友人、知人に口コミを依頼。依頼するために、顧客の心理を分析して、明確なコンセプトを打ち立て、そのコンセプトに沿った口コミをするよう頼んだ。

皆の口コミが共通した内容をコメントしていれば、レストランの明確な特徴として印象づけられる。そのコンセプトには、客の心理についての鋭い洞察力が溢れている。

コンセプトはこの3つ

1. 外で食事ができる:人が求めるのは味ではなく雰囲気。

2. お客さんの気分に合わせたメニュー:メニューの名前を欲情、愛、共感など、人の感情を表す言葉に。

3. 完全予約制:なかなか予約が取れない店ほど人気が出る。

動かせる人脈がすごい

「もの」で作られた美味しそうな料理の撮影をしたのは、写真家の友人だった。

最後に1度だけ、現実にレストランをオープンした時は、DJや料理人の友人が助っ人をした。

口コミ投稿を依頼され、共有コンセプトに従って、気の利いた投稿を続けた数々の友人、知人達。

プロジェクト実行のための、人脈と動員力がすごい。

一貫して目的がぶれない

彼の目的は、人々がどこまで口コミを信じ翻弄されるのか実験をすること。その目的は最初から最後までブレていない。

人をだますこと、お金儲けをすること、有名になることは目的ではない。

口コミサイトで、ランクがあがるにつれて、たくさんの顧客から予約電話が殺到した。企業からの取材の申込みや、自社の商品を使って欲しい会社からの大量のサンプルが押し寄せた。予想外の展開だった。

それでも、終始一貫、勢いに飲まれて目的を見失うということがなかった。

実験に徹し、お金を取らない

とうとう、レストランが口コミサイトの1位を獲得し、予約電話が殺到。鳴り続ける電話対応で睡眠時間も充分に取れない状況になった。

実在しないレストランなので、何週間も先まで予約で一杯だ、と予約を断り続ける。が、いつまでもそれを続けていたらいつかはバレる。

そうなる前に、最後に1度だけ、本当にレストランを開店し、客を呼び、反応を試すことを決意。

自宅の小屋や庭をおしゃれっぽく演出し、スーパーで買ったインスタントの食材を食用花やトリュフや生クリームで飾り、給仕した。

お客はインスタントとも知らず、大満足で帰った。

その様子を全て撮影しつつも、実験だからお客からはお金を取らなかった。

プロジェクト立案と実行力

最後に全てがでっち上げだったことをマスコミに発表。

前代未聞のいたずらにイギリス中が騒然だった。が、彼がやったことを批判する人より、肯定する人の方が多かった。

人々がこれほど簡単に口コミやでっち上げを信じてしまうことを証明するためにやった。ネットの情報は全て鵜呑みにするな、という教訓を与えるためにやった、のだからと。

彼自身も、人々がネットに流れる嘘の情報に翻弄されるという社会問題を、衝撃的な方法で提起することで、身を持って知って欲しかったからやった、という。

私もやはり彼がやったことの肯定派。

彼は起業やプロジェクトマネジャーに必要なすべての重要な能力、スキルを持っている。

小さな出来事について問題意識を持つ洞察力や、細部への徹底的なこだわりと、顧客の心理を分析してコンセプトを考えるブランディング力と、最後までブレない目的と実行力。

見習いたいと思う。

ちなみに、彼は今もライターとして、音楽関係などの記事を書いているのだという。

ライターとしても洞察力に飛んだ文章が書けそうだけれど、起業しても面白いことやって成功しそうなのに、ライターだけではもったいない気もするのでした。

ではでは😊👍🏻。