BabyJ's Diary: グローバル思考で行こう!

英語を使って働くこと、自分らしい仕事生活、外国人とのつきあいや異文化体験、役立つ学びの紹介など

好きなことだけをしよう【学び 10】

f:id:bjlewis4u:20180311000906j:image

こんにちは、BabyJ😊です。

通訳案内士が人手不足と知り、せっかく資格を持っているのだから副業でもやろうか、と考えました。でも、資格を取ったのは27年も前だから、仕事をするためには勉強をし直さなければならない。

だから、週末をその時間と決めて、通訳案内士の検索サービス登録のためのプロフィールを作成したり、観光案内をするために必須の歴史や地理、文化をもう一度勉強し直したりしようと思っていました。

でも、全然やる気が起きない。そんなことよりHTMLを学ぶ方が良い。

やっぱり興味がない

やっぱり、観光は興味がないし、お客様を楽しませることは得意じゃない。もう一度勉強し直すために、また最新の本を買ったり、隙間時間を費やして学んでいこうという意欲が全くわかない。

明日突然、京都に行って案内をしなければならないような状況になったとしたら、勉強するでしょう。でも、こんな気持ちの私に案内されたらお客様が不憫です。

そもそも、形だけ完璧なプロフィールを掲載したとしても仕事は得られないでしょう。

通訳案内士という仕事が好きで、意欲を持って頑張って営業活動している人達に勝つことなどできないから。まして仕事を得ようと努力する気持ちもない。

じゃあ、何故、予備校に通ってまで資格を取ったのか?

そんなにやる気がないのなら、何故、27年前、予備校にまで通って資格を取ったのか。。?

その時の「気持ち」は、自分でもはっきりと思い出せません。

大学時代、外国人バスツアーのガイドのアシスタントをしていて、本物の通訳案内士と日常的に接していたから、「あんな風になりたい」と思ったのかもしれない。

あの時は、まだアメリカ留学から帰国して、日本の大学に編入したばかり。まだ、今のように英語ができるようになっていたわけではなかった。だから、英語を使って「プロ」として働く通訳案内士に憧れたのかもしれない。

そして必死に勉強して資格を取った。でも、取った後は、通訳協会の研修に参加し、登録もしておきながら、一度も仕事をしようとしなかった。

本当にやる気があったのなら、外国人バスツアーのアルバイトをしていたのだし、「やらせてください」と言えば、アシスタントから昇格することもできたと思う。でも、それすらしようとしなかった。

昔も同じことがあったー日本語教師

考えてみると、他にもそういうことがあった。本当に好きなわけじゃないのに、頭で考えて道を選んで失敗したことが。

留学後、編入した上智大学では、比較文化学部(今は別名称)に所属し、その中でも「日本学」を専門に選んでいた。

日本の歴史、地理、政治、経済、芸術、文学、そして、日本語言語学など、日本についての全てを学ぶ学科。もちろん、比較文化学部なので全て英語で。

この頃、世間では「日本語教師」が流行っていた。ちょうど、日本語言語学が専門の中に入っていたのでそれに目をつけた。

そして、大学の勉強のかたわら、アルク(また😅)の通信教育「日本語教師養成講座」を受講して修了した。

大学院で言語学??

4年生になってからは、そのまま大学院に進み、「言語学」を研究することを考えた。担当教授に相談に行き、大学院の受験に必要な言語学の英文文献をアドアイスしてもらい、買い揃えた。有名な言語学チョムスキーのTransformational  Approach to Syntaxなどを。

何故、大学院に行こうとしたかというと、日本語教師は流行っていたけれど、非常勤講師が多く、生活していくのは大変だと聞いていたから。修士号を持っていた方が職を得るのに有利だと言われたから。

でも、買った本を読むこともなく、結局、英語の学校に就職した。本当に好きなのは、日本語ではなく、英語だったからです。

特許翻訳の通信教育

英語で仕事をするようになってからも何度か転職をした。

そして、仕事を探している期間に、プロの翻訳者になることを考えたことがあった。そして、本やムックなどで、翻訳者になるためには何が必要か、どの分野が一番需要があるか、生活できるかなどを調べた。

その結果、「医薬の治験」関係がダントツで需要があることを知った。が、仕事を得ることを考えると、優秀な少数だけに開かれた医薬の世界よりも、巷に特許事務所がたくさんある特許翻訳の方が現実的だということがわかった。

本当は、医薬の方が興味があった。心理学が好きだったせいもあり、その延長での人の身体や健康、病気には興味があったため。それにそうしたことを学ぶことは自分が生きる上でも役に立つと思った。
そうではあっても、やはり、「仕事」という観点から、無難な特許翻訳の方を選び、またまた通信教育で「特許翻訳」の講座を受講し修了した。

特許翻訳の分野は、化学、科学、電気、機械、工学、ITなど。ハンダ付けがどうとか、半導体がどうとか、有機ELがどうとか、機械的な定型文章構造に従って翻訳することを学ぶ。

無機的で面白みがなく、途中で医薬を選ばなかったことを後悔しながらも、受講料を払ったから、と最後まで修了した。

自分には合わないということを確認するために受講したような結果になったので、もちろん、修了と同時に「終了」した。

*実はその後、仕事に役立つ「実務翻訳」の講座も受講しました。このことはまた別に書きます😌。

頭で考えるより好きかどうかが一番大事

今まで本当にいろいろなことを学んだり、仕事をしたりしてきたけれど、こんな風に無駄で意味のないこともたくさんしてやってきてしまっている。

やらなければ、「間違いだった」と気づくこともなかったけれど。

得だとか役立つとか頭で考えて道を選んでも、本音の部分で好きでなければ、やっても意味がないのだ。結局はその道は選ばないから。

勉強した分、学んだことは経験として残るけれど、費やした時間と費用はやっぱり無駄になる。

好きなことだけをしよう

前は若かったから試行錯誤の無駄な時間があっても良かったかかもしれない。でも、もう50代後半。好きではないことに時間を費やすお金も体力ももうない。

今までの経験からも、好きでないことをやっても最後には結局やらない、選ばないことは目に見えている。

好きなことだけをやろう。ブログの運営には、文章を書くことや、HTML、CSSSEOアクセス解析、WEBマーケティング、デザインなど、好きなIT関係がてんこ盛り。まだ勉強し始めで、書く以外何もできていないけれど😅。

また、英語の通訳や翻訳でも、今、会社でやっているようなビジネス関係や、ニュース関係なら、好きだから興味を持ってやれる。

これからは、できる限り、好きなことだけを学び、好きなことだけを仕事にしたいと思う。

ではでは😊👍🏻。